今日の衆議院予算委員会で、東京オリンピック・パラリンピックの費用に関して、昨日、東京都の検討会が、最大3兆円を超える可能性があるとしたことが取り上げられました。

一体この費用はどこまで膨らむのか、一体なぜこのよう状況になっているのか、誰がどう責任を負うのか、都民や国民の税金にどう跳ね返ってくるのか……等々、色々な疑問がつきまといますが、本件に関しては、丸川担当大臣の答弁をはじめ、どうも歯切れがよくありません。

安倍総理はリオオリンピックの閉会式で、スーパーマリオに扮して東京オリンピック・パラリンピックをアピールしましたが、本当に国民をあげて盛り上がり、楽しめるものにできるよう、特段の取り組みが求められるような気がします。