昨日の日銀の政策決定会合の決定は、大変わかりづらい内容でした。

量的緩和は続ける、しかし量ではなく金利を目標にする、そのための新しい枠組みを入れる。これは一体何でしょうか。

私は意図的にわかりづらくしたのではないかとすら思っています。これ以上の量的緩和は無理で、特に追加緩和などはあり得ないくらいギリギリのところまで来ていることを、明確に表現することを避けるために。

しかし、早晩そのような姑息なやり方は見抜かれます。私は市場は揺れると思います。

金融政策の限界を認め方向性を転換する、その際には市場の動向に細心注意を払って行う、と、もっとシンプルに言えるはずです。