明日、今回の日銀政策決定会合の決定が出ます。

 

これまでの「異次元の金融緩和」についての「検証」結果がどう出されるのか、大変注目しています。もちろん、米国FRBの決定も併せて。

 

私に言わせれば、完全に袋小路に入っている日本の金融政策。「検証」を行うという、「補助線」を入れることで、局面を変えようとしているのではないかと思いますが、それは当面を切り抜けんがための弥縫策に過ぎません。どのような「検証」結果を出そうと、その本質は早晩市場によって見抜かれるのではないかと思います。

 

袋小路に入ってしまっていることを、正面から認めることしか、抜け出す道はないように思えます。