物価の低下傾向が最近強く出てきています。日銀が先般、ETFの買い入れを増やすという追加金融緩和策を導入したにもかかわらず、です。

安倍総理は、先の参院選の中で、「デフレからの脱出速度を上げるために、アベノミクスのエンジンを最大限にふかす」と訴えました。

これをそのまま受け取れば、物価がさらに低下傾向を見せる今、アベノミクスの第1の柱たる金融政策においては、「最大限にふかす」ための追加的な「何か」が必要だということになります。

さてそれを日銀は行うのか、行う余地はあるのか、行って効果があるのか。私には極めて疑問です。

その意味で、「アベノミクスのエンジンを最大限にふかす」という参院選の選挙公約は、早くも崩れていると言わざるをえません。