夏のこの時期の金融為替市場は要注意です。商いが薄いので、乱高下しやすいのです。今日も1ドル100円を切る展開が見られました。

私も財務省勤務時代、あるいは財務政務官として担当していた時など、日本の世の中では一般的には「お盆休み中」であるにもかかわらず、マーケットの激しい動きに振りまわされ、休みが全く休みでなくなった経験が多々あります。

今年の、お盆と土日とのタイミングとの関係で、このような要注意状況は少し続くかもしれません。