都知事選は、世論調査によると小池候補先行で、鳥越、増田候補がそれを追うという展開だと。

小池候補の劇場型演出が奏功しているのか、都知事選はやはり無党派層の動きが鍵です。

7月31日の投開票日まであと2週間あります。最近の政治の動きを見ていると無党派層の関心が変化するには、2週間という時間は十分です。

まだまだ色々な変化、動きがありうる都知事選。とにかく無党派層の関心をどうつかむか、です。