参議院選に向けて、またひょっとしたら衆参ダブル選になるかもしれないとも言われる中で、党としての選挙公約(マニフェスト)を準備していかなければなりません。

岡田代表からは、4月中に骨格を示して、5月中には地方の皆さんとの対話を行って‥‥との指示が出ています。

具体的には後ほど明らかになると思いますが、私もこの作業には関わっていくことになります。

両党が合流する際に、新しい綱領と基本政策合意を作りました。その上で、今回の政権公約は、これまでの民主党の政策と、維新の党の政策とをうまくミックスさせながら作らなければなりません。どのようなものができるか、各部門ごとの分野における議論の深まりが鍵です。

もうひとつ政権公約で大切なことは、民進党の立ち位置をどうわかりやすく示すか、ということ。しかも安倍政権に対峙していく勢力として。多くの国民の皆さんに、ひと目で理解してもらえるようなわかりやすさが重要です。

これまで党の中で政権公約作りには何度も携わってきました。その経験を生かして、党全体での議論を引っ張っていきたいと思います。