広島県の中学校で、男子生徒が自殺した事件。

学校側の、生徒に関する「万引き歴」の誤記載がもとに進路指導が行われ、それが原因ではないかという親の訴え。

事実関係はまだ明らかではありませんが、報道を見ているだけで胸が締め付けられます。早く事実関係を明らかにすべきです。そしてもし本当に誤記載が原因になっていたとすると、二度とこのようなことは起こって欲しくありません。そのための取り組みが急務です。