自民党の丸山和也参議院議員の、昨日の参議院憲法審査会での、オバマ大統領への人種差別ともとれる発言について批判の声が上がっています。ところが、当の丸山議員はこのことに対して、「不条理」と述べ批判は当たらないとの考えを示しました。

 

自らの発言の問題点を全く理解していないと思います。

 

丸山和也議員とは、数週間前に、BSフジのプライムニュースで、甘利前大臣の口利き疑惑問題で一緒に出演しました。

 

その際、私は、甘利前大臣の今回の件は、あっせん利得罪に当たり得ると考えると述べたことに対して、丸山氏は「そんなことはない」と主張しました。

 

そしてその理由はというと、「50万円を受け取ったと言われるがそんな少額では口利きはしない」という趣旨の驚きの発言でした。

 

一般の常識とは大きくかけ離れています。今回の憲法審査会での発言も同じような、非常に深刻な感覚のズレを感じます。