予算委員会質疑に向けて色々な調査を進める中で、弁護士の伊藤真さんの本をいくつか読みました。

伊藤弁護士には、安全保障法制の議論の際にも、一緒に運動をしていただき、また色々なインプットをもらいました。

彼が憲法に関して、次のようなことを書いていました。

「改憲派」か「護憲派」か、といったことが言われるが、自分は「立憲派」だと思っている、と。

なるほど、と思いました。私たち民主党も同様な立場にあります。

すなわち、憲法はあくまで権力者側ではなく国民ひとりひとりのもの。したがって、憲法をどう考えていくか、改正するのかしないのかは、国民の間での自由かつ十分な議論と、深い納得の中から生まれてくるものだということです。

「立憲派」   いい言葉です。