予算委員会基本的質疑1日目。我が党からは岡田代表らが質疑に立ちました。

軽減税率の財源の問題について、岡田代表が安倍総理に放った言葉。

軽減税率税率の財源(まだ確定していない6千億円)とあわせてでないと、軽減税率の是非は判断できない。したがって参議院選の前に財源を示すべき‥‥

当然です。軽減税率の導入によって、その後増税となるのか、歳出カットとなるのか。増税となればどのような方々が負担増となるのか。歳出カットとなれば、どのような方々が残念な思いをするのか。それがわかってはじめて、自分は賛成だ、反対だと判断ができます。

「軽減税率」というプラス面だけ選挙前に見せて、それにともなう負担=マイナス面については選挙後ということでは、誠実な政権運営とは言えません。

安倍総理からの答弁は極めて曖昧。参院選前にその負担面を具体的に示すことは否定しました。不誠実です。