森山新農水大臣が来佐しました。諫早湾干拓の問題で、漁協関係者、県市町関係者、そして原告団弁護団らと意見交換するためです。
繰り返し、森山大臣からの、政府側の考えの主張は、裁判所に対して、開門すべきか否か、統一的な見解を求めていくというもの。

しかし、最近は裁判所自身が、裁判ケースによって、開門について異なった判断はありうると明言しているので、裁判所に統一見解を求めるというのはそもそも無理なこと。

その無理なことを、相変わらず言っているというのは、政府としての究極のサボタージュと言わざるをえません。

憤りを通り越して、呆れる、という思いです。