衆議院本会議で、労働者派遣法改正案の審議が始まりました。
これまで正規の雇用者の方に担当してもらっていた全てのポストについて、派遣雇用の方に置き換えることのできるようになる、これまで累次の派遣法改正の中ではあり得なかったような「改悪案」です。

過去2回国会に提出され、2回とも何とか廃案に追い込んできました。今日の本会議での安倍総理、塩崎厚生労働大臣の答弁を聞いていて思ったのですが、過去2回廃案になるに至った要因たる、法案の本質的問題点に全く手をつけないまま、今回も法案を提出してきています。

与党が既に会期延長を示唆している中で「時間切れ廃案」ということは難しい。となると、さらに審議会を通じて法案の問題点をギリギリまで明らかにしていくことが鍵です。頑張ります。