ドローンが総理官邸の屋上に落下。放射能を検出。衝撃でした。
ドローンの墜落については、社会問題化し始めていると思います。それが総理官邸の上にか、という思いです。

今、政府与党は、「切れめのない安全保障体制」ということで、憲法の解釈まで変更し、戦後の安保政策を大転換するような安保法制を検討しています。その一方で、総理官邸の頭上にはいとも簡単に、放射能を検出するような物体が墜落する……大きなギャップを感じます。