諫早湾干拓の開門について、これを開門確定判決通り実行しない政府に対して、原告たちは「間接強制」という手段をとり、裁判所の判決を通じて国に制裁金を課すことで開門を実現していこうとしています。
この制裁金について、国税側が税を払えと言ってきているということです。制裁金に対して課税というのはどういうことか?税の理屈もわかりますが、なぜこういうことになったかという全体像からはいかがなものかな、と思います。