防衛省設置法改正案などが、今国会に提出されています。
報道でも、予算委員会でも取り上げられた、いわゆる「文官統制」と言われるものに変更を加える内容を含んでいます。

古くからの国会答弁では、この「文官統制」は、いわゆる「文民統制」の一翼を担うものだ、との説明がなされてきました。

ところが、中谷防衛大臣は、「文官統制」は「文民統制」とは関係ないという答弁。いろいろ調べてみたら、小野寺前防衛大臣の時から同様の答弁に変わっていました。

いつからそんな答弁になったのか。極めて重要な「文民統制」にかかわる課題。慎重な検討、審議が必要です。