昨日から、エボラ熱か、と疑われる方が2例あって、結果として双方とも陰性だと判明しました。
そのこと自体はよかったのですが、課題も見えてきました。

そのひとつは、発熱された日本人男性の方について一般の診療所に行かれているなど、フォローアップがうまく機能していない点。

出入国の際、すなわち水際でくい止めることが一番大事な点ですが、潜伏期間があるのでその後のフォローアップも同じく重要です。

その点で、課題を投げかけた今回の事例。私たちも「フォローアップ」して行きたいと思います。