太平洋クロマグロの漁獲規制についての報道が出ています。この漁獲制限の方法で、それぞれの漁業者の漁業活動にどのような影響が出てくるのか、不安の声もあるようです。
 
確かにそのような懸念に十分応えられるような制度とする必要があります。ただ一方で、現在の漁業については、海洋資源を維持管理しながら息の長い漁業が可能となるような方策を考えなければならなくなっているのも事実。海洋資源は今や微妙なバランスの上に成り立っています。資源が枯渇してから手を打つのでは遅い、ということになりかねません。
 
また、同時にこのような海洋資源管理については、日本のみで取り組むのではなく、世界各国での枠組みとして確立し、実効性のあるものとする必要があります。