今日の我が党の農林水産部門会議で、議員立法案としてこれから議論される「内水面漁業振興法案」について議論しました。
 
河川など、海ではないところでの漁業を支えていくための基本的な法案です。
 
特に、鰻について、一年後くらいの内に、国際会議において鰻をワシントン条約上の絶滅危惧種に指定する提案がなされる可能性があると言われています。絶滅危惧種に指定されると、鰻を食べることが極めて難しくなる可能性があるとのこと。
 
このような状況を受けて、鰻を含めた内水面漁業上の管理をしっかり行う体制を作ることをひとつの目的とした法案です。
 
会期末まで日程は限られますが、精力的に議論していきたいと思います。