色んな政策が古い自民党に逆戻りしている。昨日のブログに書いた諫早湾干拓開門問題しかり。また自動車重量税の扱いはその際たる例。先日与党が決定した税制改正大綱の中では、自動車重量税をまた昔のように道路特定財源に戻す方向が示されています。そのことが報道され問題視されたことを受けて、口では「道路特定財源ではない」と言っていますが、税制改正大綱の文章は「その税収について、道路の維持管理・更新等のための財源として位置づけ、自動車ユーザーに還元されるものであることを明らかにする方向で見直しを行う」です。これはどう読んでも、税収を道路建設に当てるという意味。法律上の道路特定財源ではない、という形に持っていきたいのではないかと思われますが、そのような説明で事をおさめようとすること自体が、また古い自民党と言わざるを得ません。