56720715.jpg

今日、次期衆議院議員選挙に向けての、民主党としてのマニフェストが発表されました。これで、選挙に向けての準備のひとつのヤマを越えたわけです。

記者会見前に、政策調査会長代理である長妻昭さんから電話があり、「大串さんの言っていた、霞ヶ関をコントロールするあの案、やっていきましょうね」と。

「あの案」とは、今後霞ヶ関をうまく手綱を取っていくため方策として、私が党内の検討に上げている秘策です。

いずれきちっとした形で明らかにしていきたいと思いますが、「国家戦略局」や「行政刷新会議」を本当にキチンと国民目線で動く組織とするためには、官僚を実質的にコントロールする仕組みが必須です。

今日発表されたマニフェストは、先日既に公表されている「政策インデックス」の「ダイジェスト版」です。そして「政策インデックス」はこれまでの10年以上にわたる民主党での政策論議の積み重ねの結果であり、すでに相当の積み上げの結果の上に成り立っているものです。

その本質は、「いかに官僚をコントロールしていくか」 その実質が鍵です。