98b5c4c9.JPG

 今日は、朝、党の財政改革チームの会合を開いて、とりあえず「中間報告」といえるような案を提示して、皆で議論。いろいろな意見が出まして、まだとりまとめには時間がかかりそうですが、みんなで議論できたことだけでも一歩前進。

 午前中来客等があったあと、午後は、党の「観光政策推進調査会」の初会合に出席。先般来、メンバーに入るように要請があったものです。(写真)

 その後、党の「次の内閣」閣議に初出席。私は「次の内閣」メンバーではもちろんありませんが、今朝議論した、財政改革チームのとりあえずの「中間報告」案について報告をするために出席したもの。なるほど民主党版閣議とはこんなものかと実感。

 その後、再度財政改革チームの会合を行った後、夕刻から夜にかけては、小沢代表と1・2期生との懇談会、佐賀県人会と、立て続けに会合に出席。

 さて、国会日程ですが、ほぼ延長はなし、ということで決まりそうです。したがって6月18日をもって閉会。

 近年の例と比べても早い会期末となります。秋に臨時国会が開かれる可能性がありますが、それまで長い「閉会中」の期間が続きます。

 小沢代表や他の先輩のアドバイスによれば、この期間はとにかく地元活動に打ち込むべし、とのこと。無論そうだろうと思います。

 しかし、一方で財政改革チームの議論や、今日まさに始まった観光政策推進調査会での議論は、とりまとめを7月中、という方向になっているので、東京の仕事もしつつ、地元活動に打ち込むことになります。

 それでも、これまでに比べれば地元でとれる時間は相当増えます。地元でやらなければならない、いろいろな課題が残っていますから、ひとつひとつこなしていかなければなりません。