61855ed8.jpg

 今日は、午前中の飛行機で佐賀に戻りました。

 帰佐のあと、私の事務所で打ち合わせを行ったあと、選挙区内のいくつかのところへ挨拶回り。

 夕刻、福岡に移動し、西南学院大学へ。そこで開催されている九州の5大学の合宿ゼミにおいて、憲法問題についてお話をさせていただくためです。(写真)

 民主党が10月末に発表した憲法提言を説明しながら、私自身の憲法観をお話したわけですが、会場には、九州の5つの大学から、3年生の学生の皆さんがたくさん参加されていて熱気むんむん。

 しかも、上手にお話しできた自信はないのですが、それでも皆さん、真剣なまなざしで聞いていただきました。自分の学生時代を振り返って、「こんなにまじめに講義をきいていたかなぁ〜」とやや反省。

 その後、夜は、小城市小城町で国政報告会を開催しました。

 ところで、今日、先日の広島での事件に続いて、またもや茨城で小さな女の子が遺体で見つかるという痛ましい事件が発生しました。なぜ小さな子どもばかりが犠牲になるのか。どうやったらこのようなことを防げるのか。

 先の耐震偽装問題もそうですが、今社会の中で、「安心」という二文字をどうやって確保していけばよいのか、それが大きく問われようとしています。生活の安心を国民の皆さんにお届けすること、それが現在の政府に求められている大きな役割ではないでしょうか。

 すぐにぱっと妙案が浮かんでくるわけではないのが、力不足で本当にもどかしい。今後も党としての政策議論の中で、「安心」をどうやって確かなものにしていくのか、真剣に取り組んでいかなければなりません。