今日は、午前中、私が住んでいる町区の行事に参加。町区の人たちと、近所の天山神社へお参りをして、その後公民館で懇親会、というものでした。
 
 午後は、鹿島市での、出版記念パーティーに参加。その後夜は、三田川地区で支援者の方々と懇談。1区の原口一博代議士も飛び入りされました。
 
 今日の午前中の神社参り&懇親会は、話しによると、毎年町区で恒例の行事とのこと。私の住んでいる地域は、今では新しい家がたくさん建って、新しい人たちもたくさん入ってきていますが、もともとは佐賀の伝統的な農村地帯。今日の行事も農村地帯としての文化を色濃く反映したものでした。
 
 皆さんで神社に参り、二礼二拍手。その後神殿で、車座に座って、お神酒を少々いただきながら、町区の懸案事項について議論。長老の方々の意見が重く響きます。
 
 たしかに、これが佐賀の文化だよなぁ、と思いながら、以前に自分が育った地域でも同じようにやっていたことが、懐かしく思い出されました。