午前中は、佐賀市内の広告代理店で、先日撮影した私の写真(何百枚と撮りました)を、ざっと見ながら、どれを今後リーフレットや、名刺に使ってくべきか、担当者の方と議論しました。
 
 リーフレットなどに載っている写真が、それをご覧になる皆さんの心をどうとらえるか、というのは、選ぶ写真の良し悪しで大きく違ってくるのでしょう。写真を選ぶ眼もいきおい真剣になります。
 
 しかしながら、写真を選ぶときは、自分としてはこれがいい、と思うものばかりを選ぶのではなく、他人からの目から見て、「これが一番大串のいい感じを表している」というのを選ぶのが鉄則だそうです。
 
 というわけで、これらたくさんの写真を持ちかえって、家族、友人をはじめ、いろいろな意見を聞いてみることになりました。
 
 ちなみに同僚に意見を求めてみたところ、「大串君は親しみやすい雰囲気が持ち味だから、カッコいい感じの写真よりも、ソフトな感じのするやつのほうが合っていていいよ」とのこと。その意味するところをよくよく聞いてみると、すなわち、私は見た目はあまりスマートではなく、どちらかといえば田舎っぽくて、そこがいい、ということらしい。後ろから見たら誰でも私とすぐわかるほどの、O脚ガニマタがその原因か・・・・。自分では「イケメン」風であることを売りにしようと思っていたのに・・・・(相当うぬぼれすぎ??)。
 
 さあ、これからどんなリーフレットが出来上がるのか、結果をお楽しみに。もうすぐできますから。