衆議院議員 大串ひろしブログ

大串博志(民主党)のオフィシャルブログ

広がれ支援の輪

 今日は、朝一番の飛行機で佐賀に戻りました。

 その後、事務所で今後の後援会活動について打ち合わせ。打ち合わせの結果を踏まえながら、午後は、地域内で個別の訪問活動。夕刻は、事務所にて訪問いただいた支援者の方々と面会。

 9月の選挙後、すぐに国会が開催され忙しくなって、11月初めに国会が閉会した後は、週の半ばは東京で政策立案活動を行いながら、週末は佐賀で各市町村ごとに国政報告会を開催してきました。

 事務所のメンバーからは「選挙前とほとんどおんなじようなペースで走って大丈夫?」と言われました。その国政報告会も今週末で概ね一段落します。

 ここで、改めて、今後の後援会作りについて、一度立ち止まって、現状をよく分析して、そしてこれからどのようにして支援の輪を広げていくか考えていかなければなりません。ところが、これがなかなか私の事務所は初心者集団、すべてがうまくいくわけではありません。本当によくわからない中で、手探りで進んでいる感じです。

 しかし初心者は初心者ならではの、元気さというか、頑張りというのもあると思いますので、とにかくひたすら労を惜しむことなく、求められればどこへでも出かけていって、顔を見ていただき、声を聞いていただくことを基本に取り組んでいきたいと思います。

 「こっちに出てこんね」というところがありましたら、是非お声をおかけください!


 ☆ クリックして、応援して下さい!↓↓↓→→→ にほんブログ村 政治ブログ 政治家(国会議員)へ

情報が足りません!

 今日は、午前中、事務所での資料整理や、各省庁からの来年度予算案の検討の進捗状況のヒアリングなどで過ごしました。

 お昼は、知り合いの金融機関の方と懇談しながら昼食。

 午後は、党の予算案作りに関して、予算調査会において打ち合わせ。

 夜は、前職の金融庁の頃にお付き合いさせていただいていた金融機関の方々から、現在の金融機関をめぐる状況などについて意見交換。

 さて、政府のほうも、12月の末に向けてとりまとめる、政府予算案についての議論が進展しています。これを来年1月からの国会でしっかり議論するための土台作りとして、現在こちらでも、我が党としての予算案作りや、特別会計の見直しの案作りに取り組んでいるわけですが、政府にいたときの状況を思い出しながら作業してみると、改めて、政府の外でこのような活動を行う際の情報不足を痛感させられます。

 政府内で働いていた頃は、情報は「そこにある」ものでした。ある意味政府が情報を作り出していたわけですから、当然ですよね。そのような制約のある中での作業となるので、なかなか進捗しないのがもどかしい・・・・・。しかも、国民の皆さに、「確かにこっちのほうがいい」と思ってもらえるような内容で、なおかつわかりやすいメッセージ性のある案を作っていかなければならないのですから、これはなかなか至難の技・・・・・。

 いやいや泣き言を言っていても始まらないので、とにかくハラを決めて、ウンウンうなりながら考るしかないですな!


 ☆ クリックして、応援して下さい!↓↓↓→→→ にほんブログ村 政治ブログ 政治家(国会議員)へ

ありがたい支え役

 今日は、早朝の飛行機便で佐賀から東京へ移動。

 午前中から昼にかけて、民主党としての来年度予算の案つくりについて、会議。その後総合政策企画会のコアメンバー会合、党の決算監視委員会における、特別会計見直しのための議論と続きます。

 その後夕方から夜にかけて、千葉県にいるいとこの自宅を訪問。選挙の前には、何度も佐賀に自ら足を運んでくれ、自分の友人らに私を熱心に売り込んでくれた人物です。心からお礼の気持ちをこめてご挨拶。佐賀の私の事務所で働いてくれているいとこも含め、私が子どものころから本当の兄弟のようにして育った仲です。語らずとも分かり合える、そんな間柄のいとことたちが近くで支えてくれているというのは、大変心強いものです。


 ☆ クリックして、応援して下さい!↓↓↓→→→ にほんブログ村 政治ブログ 政治家(国会議員)へ

ありがたい一言

5c70c968.jpg

 今日は、午前中から午後にかけて、佐賀郡、あるいはお隣の大川市での挨拶回りで、ほぼ一日を費やしました。

 夜は、塩田町で国政報告会。

 域内の全市町村で行うことを目標に、国政報告会、毎週末に行ってきましたが、いよいよ来週末で(一部を除いて)概ねその目標を達成します。

 今日の国政報告会でも、昨日に引き続き本当に寒い中、多くの方々に足を運んでいただきました。その中で、「このような会を定期的に開いて、国政の様子をちゃんと報告してくれなきゃだめよ」と激励の言葉をいただきます。寒い中参加いただいた上に、この暖かい言葉。本当にうれしかったです。

 この国政報告会、毎週末の夜に行ってきたわけですが、私はいいとしても、毎週毎週準備に追われる、事務所のスタッフの方々も大変な作業になります。でも、この言葉、すべての苦労が報われるようなありがたさを感じる一言でした。

 


 ☆ クリックして、応援して下さい!↓↓↓→→→ にほんブログ村 政治ブログ 政治家(国会議員)へ

おおっ寒い!

2e8d5cb2.jpg

 今日は、午前中、佐賀市で開催された、「心のバリアフリー・ふれあいフェアー2005」の記念式典に参加してご挨拶。(写真)

 身障者の方々にとって、真のバリアフリーの世の中ができて欲しいとの思いを訴えさせていただきました。手話を通じて、身障者の方々との心のつながりを喜びとして文章につづった、小学校2年生の女の子。これこそが本当の心のバリアフリーです。

 この式典、与党系の方々もたくさん来賓で参加されています。皆さんごあいさつの中で、今秋の特別国会で成立した身障者自立支援法について触れられて、「(障害者の方々の負担が増えるといった)いろいろな問題は指摘されているが、全体としては必要な法案だったんだ」といったような、私からすれば言い訳的な発言がいくつか述べられました。

 この法案、確かにいろいろな問題が指摘されていて、私の知り合いの自民党の新人議員の中でも、「本当は賛成したくないんだよな」と私に言いながら、党の方針に従って賛成した人もいたというのが現実です。

 結局国会は数がものをいう世界。与党多数の中で、法案賛成が占めるということであれば、何をどう主張しようと、結局押し切られてしまいます。

 以前にも同様のことを書きましたが、今一度、これからは政省令の作りこみの中で、できる限り「真のバリアフリー」に寄与するような制度にしていきたいと思います。

 その後、佐賀郡で挨拶回りを行ったあと、午後は、「白石の若っか者会」主催の「こいば見にきん祭」を見させていただきに行ってきました。

 引き続き、自衛隊佐賀地方連絡部49周年記念式典においてご挨拶したあと、小城市で、被爆者2世の方々が抱える問題について、関係者の方々と懇談。

 原爆被害者の方々については、被爆者援護法というものがあって、健康診断、医療の面などの手当てがなされていますが、その2世の方々については、制度的な支援が整えられていません。そのような中で、被爆者2世の方々は、いつどのように自分の体の中で放射線の影響が発露していくのか、大変心細い中での暮らしを余儀なくされています。そのような状況であることを、今日の会合で知ることができました。これからも実態をよく把握しながら、しっかり取り組んでいきたいと思います。

 夜は、芦刈町で国政報告会。今日はこの冬一番の冷え込み。夕方から小雪が舞い始めました。そのような中、たくさんの方々が足を運んでくださって、本当にありがたかったです。その上、会が終わってから、「大串さん、次は我々支援者の仲間で忘年会しようや」と呼びかけてくださる方もいらっしゃって、適当な感謝の言葉もありません。

 今日の最後は、民主党県連の、今年最後の常任幹事会・忘年会に遅れて出席。思い出せば、今年の3月、向こう見ずにこの世界に飛び込んだ私を、しっかり受け止めてくださって、いろいろ指導をいただき、国政におくってくださった先輩方です。じ〜んとくるものを感じながら、今年一番の寒空の中、皆さんと杯を傾けました。


 ☆ クリックして、応援して下さい!↓↓↓→→→ にほんブログ村 政治ブログ 政治家(国会議員)へ

眠気に打ち勝て!

1f695460.jpg

 今日は、午前中、佐賀郡の挨拶回りのあとと、事務所でマスコミの方からの取材をお受けする。

 午後は、多久市で開催された第21回佐賀県畜産共進会に来賓として参加(写真)。最近国内BSE問題などがおこって開催が中断していたのですが、4年振りに開催されたものです。

 私の親戚の中でもおじが以前肉牛を飼っていたり、今でも白石の実家の近くの知り合いが大規模に畜産をおこなったりしているので、なじみのある世界。

 子どものころからおじさんのうちで、牛にえさを食べさせたりして、お手伝いをするまねごとをして楽しんだものでした。

 その後小城郡で挨拶回りを行ったあと、夜の国政報告会は太良町で開催。

 ところで最近、夜の国政報告会が終わって自宅に戻って、夜遅くの食事をしたあと、急激に眠気が襲ってきて、そのまま居間のソファでうとうとしてしまうことがしばしば。

 はっと気がついて見回すと、家族はみんな寝静まっていて(起こしてくれないんですよ!)、時計は夜のど真ん中。それから、ごそごそと起きだして、どうしてもやっておかなければならない書類の整理などを、眠い眼をこすりながらやって明け方にまた一眠り、ということがよくあります。

 う〜ん、どう考えても健康上よろしくない。うとうとしだしたときに、いかんいかんと、振り切って机に向かえればいいのですが、人間は意志が弱くて睡魔にはなかなか勝てないんですよね。

 「しばしば」と書きましたが、これ最近はほとんど毎晩のこと。改善しなければなりませんな。

 

 

 


 ☆ クリックして、応援して下さい!↓↓↓→→→ にほんブログ村 政治ブログ 政治家(国会議員)へ

「安心」を取り戻すために

61855ed8.jpg

 今日は、午前中の飛行機で佐賀に戻りました。

 帰佐のあと、私の事務所で打ち合わせを行ったあと、選挙区内のいくつかのところへ挨拶回り。

 夕刻、福岡に移動し、西南学院大学へ。そこで開催されている九州の5大学の合宿ゼミにおいて、憲法問題についてお話をさせていただくためです。(写真)

 民主党が10月末に発表した憲法提言を説明しながら、私自身の憲法観をお話したわけですが、会場には、九州の5つの大学から、3年生の学生の皆さんがたくさん参加されていて熱気むんむん。

 しかも、上手にお話しできた自信はないのですが、それでも皆さん、真剣なまなざしで聞いていただきました。自分の学生時代を振り返って、「こんなにまじめに講義をきいていたかなぁ〜」とやや反省。

 その後、夜は、小城市小城町で国政報告会を開催しました。

 ところで、今日、先日の広島での事件に続いて、またもや茨城で小さな女の子が遺体で見つかるという痛ましい事件が発生しました。なぜ小さな子どもばかりが犠牲になるのか。どうやったらこのようなことを防げるのか。

 先の耐震偽装問題もそうですが、今社会の中で、「安心」という二文字をどうやって確保していけばよいのか、それが大きく問われようとしています。生活の安心を国民の皆さんにお届けすること、それが現在の政府に求められている大きな役割ではないでしょうか。

 すぐにぱっと妙案が浮かんでくるわけではないのが、力不足で本当にもどかしい。今後も党としての政策議論の中で、「安心」をどうやって確かなものにしていくのか、真剣に取り組んでいかなければなりません。


 ☆ クリックして、応援して下さい!↓↓↓→→→ にほんブログ村 政治ブログ 政治家(国会議員)へ

原口一博代議士と語る会

 今日は、夜に、原口一博代議士と語る会が、キャピトル東急ホテルで開催されました。私は、その司会役で参加。

 午前中は、この「語る会」の打ち合わせでスタート。昼は、鳩山幹事長、玄葉幹事長代理と、新人議員との懇談会に参加。私の持論である、「民主党内の会議を原則公開にするべき」という意見を訴えさせていただく。鳩山氏も玄葉氏も、そのメリットは理解していただいたと思う。あとは決断の問題なんだけどなぁ〜。

 午後は、12月16日、17日の両日に開催予定の、今年度の民主党大会に向けて、その準備のための両院議員総会が開催され、出席。

 その後、一昨日の私の「大串博志を支える会」でお世話になった、榊原英資・慶応大学教授のところにご挨拶にいって、いろいろとアドバイスをいただく。 

 そして、いよいよ夜は、「衆議院議員原口一博君と語る会」。一昨日やっと自分の会をやったばかりのところなのに、今度は司会役!私と違って、芸能関係者まで登場してしまう、大きな規模のパーティなので、やや緊張。

 しかし、一昨日の自分の会を経験していたのも手助けとなり、なんとかこなせたかな、という感じでした。

 実は、今週は、永田町界隈は、あちこちで「語る会」「支える会」「励ます会」といった、パーティーが多数開催された一週間でした。

 


 ☆ クリックして、応援して下さい!↓↓↓→→→ にほんブログ村 政治ブログ 政治家(国会議員)へ

マンション強度偽装問題の広がり

 今日は、会議関係では、朝、党財務金融部門・経済産業部門の合同会合を開催し、政府系金融機関の見直し問題について議論。党としての考え方を概ねとりまとめました。それを今日午後の党の「次の内閣」の会議に上げて了承を得ました。

 昼に、総合政策企画会議のコアメンバー会合が開催され、各種改革事項についての党としての検討の進捗状況についてチェック。議論の中で、現在大きく問題が露呈してきている、マンションなどの耐震構造の偽装事件について、党として体系的に事実関係を解明し、政府の取り組みなどに問題がなかったか検証していくべし、ということになりました。

 午後は、地元からの陳情に見えた方々にお会いしつつ、昨日の「大串博志を支える会」に参加してくださった党幹部などにお礼回り。

 耐震構造の偽装問題については、国会で議論が今日も行われ、事実関係が少ずつ明らかになっていくにしたがって、日に日に問題が広がってきています。まずは、事実関係を丹念に明らかにしていくことが重要です。その上で、建築基準に関する政府の監督検査業務は適正に行われる態勢ができていたのか、数年前に規制緩和して民間検査機関がチェックできる態勢とした判断に誤りはなかったか、といった論点などについて、しっかりとした検証がなされなければなりません。

 国民の皆さんの生命、財産の安全を守るということは、政府の活動の第一にあげられるべきことです。まさにこの安全にかかわることだからこそ、今回の問題には、しっかりとした対応が重要です。

 状況によっては、来年冒頭の通常国会では、予算委員会でも本件について取り上げていくことになるかもしれません。う〜ん、特別会計の見直しなど、詰めていかなければならない問題が山積している中で、また新しい問題。忙しくなるぞ〜。


 ☆ クリックして、応援して下さい!↓↓↓→→→ にほんブログ村 政治ブログ 政治家(国会議員)へ

「大串博志を支える会」

 今日は、午前中、特別会計の見直しに関して、財務省所管の特別会計について、同省の担当者からヒアリング。

 午後は、まず、党財務金融部門会議で、政府系金融機関改革について、民主党案の取りまとめについて議論。取りまとめまであと一息、というところ。

 続いて、党の予算調査会を開催し、民主党としての来年度予算案のあり方について議論。これから方向性がまとまるいろいろな改革項目、例えば、特別会計の見直しや、医療制度改革、税制改革など、いろいろな要素が来年度予算の内容には関係してくるので、とりまとめをいつどのような形で行うか、なかなか悩ましい問題です。

 夕刻から夜にかけて、先般からお知らせしていた、「大串博志を支える会」を学士会館で開催していただきました。

 前半は、まずパネルディスカッションとして、榊原英資慶応義塾大学教授(元大蔵省財務官)、澁澤健・シブサワ・アンド・カンパニー代表、堀義人・グロービスグループ代表取締役の三人にパネラーとして参加していただき、私がコーディネーター役として参加させていただきました。

 榊原先生から、最近の経済・為替の状況、澁澤さんから、資本主義のあり方についての考察、堀さんから現在のベンチャーキャピタルの状況について、とそれぞれの得意分野で10分程度お話しいただいたあと、ディスカッションを行いました。

 日本のベンチャー企業においては、ネット系の企業のみならず、しっかりとした技術を基礎にしたタイプの企業がもっともっと育っていくことが望まれるといった意見が出されて、これについては皆さん概ね意見の一致があったようでしたが、私もなるほど、と思いました。

 その後、懇親会。懇親会においては、東京の多くの友人(妻の友人の皆さんも・・・ありがとうございます)や、財務省、金融庁、そのほか他省の先輩方にも数多く足をお運びいただきました。また、民主党からも、佐賀の先輩、原口一博代議士に加え、前原代表、岡田前代表、鳩山幹事長、松本政務調査会長、野田国会対策委員長のほか、多くの先輩議員に激励にきていただきました。本当にありがとうございました。

 佐賀での会合を行うときもそうですが、東京でも同様に「こんなに多くの方々に支えていただいているんだなぁ」と、じ〜んとしながら、感激しました。

 本会合の準備を進める上で、中心的な役割を果たしていただいた友人の方々には、会の発案のときから始めて、特にお世話になりました。

 皆さんに暖かく支えていただいてこそ、国会議員として働く意味があります。そのためには、本当に初心を忘れず、まじめに日々頑張るしかありません。改めに気合の入った夜でした。

(「支える会」の写真などについては、できるだけ早くHPでアップしたいと思いますのでご覧ください!)

 


 ☆ クリックして、応援して下さい!↓↓↓→→→ にほんブログ村 政治ブログ 政治家(国会議員)へ
記事検索
月別
ギャラリー
  • 被災地に見る公共交通のあり方
  • 被災地に見る公共交通のあり方
  • 漁業者にも、農業者にも打開策を
  • どこでも起こりうる大雨災害
大串博志後援会事務所
〒849-0303 佐賀県
小城市牛津町牛津127−1
民主党佐賀県第2区総支部
Tel:0952-66-5776
Fax:0952-66-5778
mail: mail@oogushi.com

お気軽にお立ち寄りください!

大串ひろしを支援してくれるボランティアやサポーター募集中です!詳しくは上記事務所まで!
livedoor プロフィール
Twitter
Facebook
BLOG RANKING
Mixi
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ