衆議院議員 大串ひろしブログ

大串博志(民主党)のオフィシャルブログ

大連立ってあり?

 今日は、午前中、小城市の支援者のお宅でミニ集会を開催していただき、参加。

 午後から夕刻にかけては、大和町の支援者の方々に挨拶回り。夜は、牛津町で支援者の方々との新年の会合に参加。

 ところでこのところ、小泉総理が民主党のとの大連立を示唆し、またそれに対して前原代表が「99.99%ありえない」と、0.01%はその可能性があるように応えたため、「自民党と民主党の大連立はあるのか??」ということがよく話題に上っています。

 私は、このような大連立が行われる可能性はないし、またあるべきではないと思います。

 なぜあるべきではないか?それは今の日本に必要なのは、政権交代が可能な二大政党が互いに競い合うことだからです。

 仮に大連立がなった場合、それによって得られるメリットは、政権が絶対的に安定するということです。しかし今の日本に必要なことは政権の安定でしょうか。国民の皆さんは、今のところ「政権がコロコロ変わって大変だから、安定して欲しい」などということを求めていらっしゃるのでしょうか?私はそうは思いません。

 今の日本に必要なのは、政治の世界での緊張感です。いい政策を常に出し続けないと、政権が交代されてしまうという緊張感です。互いに競い合う複数の政党が、緊張感をもって切磋琢磨しあうことによって、よりよい政策がおのずと出されていくようになります。それが結局、日本にとってよい結果を生むのです。

 このことは非常に明らかなことのように思われますが、なぜ小泉総理が大連立を言い出すのか理解できません。小泉総理は常々、「官から民へ」「民間でできることは民間に」ということを訴えていますが、その意味するところは、民間経済が有する健全な競争がよい結果を生み出すということだと思います。

 その考えを徹底させれば、政治の世界にもより健全な競争があったほうがよいはずであり、そのためには、大連立より、政権交代可能な二大政党が角付き合わせる状況のほうが望ましいはずだからです。

 日本のためには、大連立は絶対に望ましくありません。


 ☆ クリックして、応援して下さい!↓↓↓→→→ にほんブログ村 政治ブログ 政治家(国会議員)へ

負けてはいられません

57c8397a.jpg

 今日は、午前中、県庁での新年の挨拶回りのあと、神埼郡の挨拶回り。

 その後、西へ大きく移動して、白石町の知り合いのところを訪問したあと、牛津町での支援者の方々に挨拶回り。

 さらにその後佐賀市内で、報道関係機関などに新年のご挨拶。

 夕刻は、佐賀県労働者福祉協議会の「新年旗開き」に参加させていただいたあと、東与賀町での新年名刺交換会に出席して、参加されている皆さんに新年のご挨拶。(写真)

 さらにその後は小城市内で支援者の方々の会合に合流。

 新年の賀詞交換会も含め、年末から年始にかけて各市町村で開催されている、いろいろな行事に参加させていただいているわけですが、以前の行事もそうでしたが、すべての行事に声をかけていただけるというわけではないことがわかってきました。

 私以外の国会議員には案内がいっていても、私にはお呼びがかからない、ということもたまにあります。

 なるほど、これが与党・政府と、それに連なる地方政府の強い紐帯、しがらみのなせるわざか、などど思いながらも、私自身、昨春までその中にいたわけですから、現実を目の当たりにして、その紐帯の強さに驚かされます。

 驚くと同時に、負けるものかと、またメラメラと燃えてもきます。まさにそのような、国(=政府・与党)と地方政府のもたれあいの構造こそが、政治を変えることによって乗り越えていかなければならないと、私が訴えてきているものだからです。

 なぜ、政府・与党と地方政府のもたれあい関係が生じるかというと、それは、地方政府が国からの補助金などの予算措置に頼って運営されているからであり、それがある限り、地方政府は国(=政府・与党)の強い支配下に置かれるからです。

 小泉政権は、従来の自民党政治を「ぶっ壊す」ということを標榜し、また先の総選挙の結果、これまでの古い自民党政治をぶっ壊してしまったかのごとく受け止める向きもあります。しかし、上に述べたようなもたれあいの構造は今でも厳然と存在しており、すなわち、これまでの自民党政治の本質は何ら変わっていません。

 このようなもたれあいの構造がなくならない限り、政府の無駄遣いは続き、借金漬けの政府のあり方はかわらず、日本にとって大切な子どもたちの将来に、財政赤字という大きなツケを回している状況には、なんら改善は図られません。

 負けてはいられません。子どもたちの未来のために、政治のあり方が今でも本質的には全くかわっておらず、「もたれあいの構造」が続いていることを、来る通常国会で白日のもとに晒していきたいと思います。


 ☆ クリックして、応援して下さい!↓↓↓→→→ にほんブログ村 政治ブログ 政治家(国会議員)へ

この寒さの中でののり漁

1421d9ed.jpg

 今日の午前中は、事務所での執務と、来訪してくださった方々への応対。

 昼時には、小城市の商工会議所が主催された、年始の名刺交換会に出席させていただいて皆さんにご挨拶をさせていただきました。(写真)

 小城市は、私の一家が住み、かつ事務所をおかせていただいている地。多くの皆様から励ましの言葉をいただきました。

 その後、神埼郡、佐賀郡での挨拶回りのあと、最後は、川副町の親戚のお宅へ新年のご挨拶。

 有明海ののりで生計を立てていらっしゃる親戚です。ちょうど今は、のりつみの最盛期。これから冷凍のりのつみを始めようか、としているところだそうです。

 諫早湾干拓事業が行われてから、のりのできがとっても悪くなって、本当に大変になってきていることを聞かせていただきました。そんな中で、いろいろ工夫し、苦労しながら、何とか量だけは維持してきているものの、なかなか質のよいのりをとることが難しくなってきていることなども教えていただきました。

 今日も、このあと午前零時頃から海に出て行くのだそうです。日本列島を寒波が襲っているこの厳しい寒さのなか、さぞかし大変な作業だろうと容易に想像がつきます。

 ご案内のように、のりについてはまだ量はとれてはいますが、タイラギなどについては、この数年全くとれず、漁にいけない年が続いています。このことは今日の佐賀新聞にも記事が掲載されていました。

 真の意味での有明海の再生、何としても図っていかなければならないと改めて痛感させられました。

 


 ☆ クリックして、応援して下さい!↓↓↓→→→ にほんブログ村 政治ブログ 政治家(国会議員)へ

年始の行事はじめ

5ddc594d.jpg

 今日は午前中、神埼郡の三町村で賀詞交換会に参加させていただきご挨拶をさせていただきました。その後、昼時は鹿島市まで移動して、同市での賀詞交換会に参加。(写真)

 その後午後は、牛津町にお住まいの、高校のときの恩師のお宅に同窓生の数名でお邪魔させていただいて、年始のご挨拶。「ご挨拶」といいながらも、杯をかたむけながら、昔話に花を咲かせました。

 夜は、大町町で、知り合いの方の同窓生+三夜待仲間の会合に参加させていただいて、これも杯をかたむけながら、いろいろお話をさせていただきました。

 ところで、今日の賀詞交換会。いろいろな町で年始の恒例行事としてこのような会合が開催されているのは知ってはいましたが、参加させていただくのは今回が初めて。特に代議士としての立場でいきなりの参加でしたので、どのように振舞ったらいいのか、少々とまどいました。

 年始にはいろいろな行事があって、今日と同じく、どのような対応がふさわしいのかよくわからないものもあります。例えば、消防団の出初め式など、これから行われる予定でして、参加させていただくのですが、代議士としてどのように参加するのが望まれているのか、ある意味出たところ勝負の観あり。

 とにかく、「おめでとうございます」の気持ちと、「ありがとうございます」の気持ちを尽くしていくことが大事なことではないかと思いながら、参加させていただく所存です。

 

 

 


 ☆ クリックして、応援して下さい!↓↓↓→→→ にほんブログ村 政治ブログ 政治家(国会議員)へ

今年の政局のヤマ

01210cce.jpg

 今日は、午前中から午後にかけて、大和町、神埼町、続いて三田川町で挨拶回り。その後諸富・大川地区の親戚、支援者の方々のところにご挨拶に回りました。

 夕刻は、佐賀市で開催された、母校附属中学校の同窓会、「白線会」に参加(写真)。夜は、中学時代の同期の会合に参加しました。

 「白線会」は私より、6期下の方々が2年前からはじめてくださった、中学校の同窓会です。思えば、中学校の同窓会がこれまでなかったのも不思議なもの。会を立ち上げて下さった皆さん、そして受け継いでくださっている皆さんに対して、「行動力あるなぁ」と敬意を抱きつつ、我々のように上の年代の者にも参加の輪が広がるように、私たちも努力しなければならないなと思いました。

 ところで、今日の新聞各紙を見ていただくと、今年一年の経済の見通しや政局の見通しなどについて、各紙とも書いています。

 「政局の見通し」と言えば、今年9月がヤマ。小泉総理が退陣し(本人はそうすると言っている)、自民党の後継総裁が選ばれます。また民主党においても代表選が行われます。

 自民党の総裁選びについて言えば、私は、小泉総理が現在の高い人気を維持し続けられるかがひとつの鍵だと思っています。彼が高い人気を9月まで維持していれば、後継総裁は彼が推す安倍晋三氏ではないでしょうか。もし小泉総理の人気が翳るようであれば、福田康夫氏などを含めいろいろな動きがでてくると思われます。

 我が党について言えば、確かに新聞紙上に書かれているように、小沢一郎氏は9月の党首選で立候補される可能性があると思います。党内にはこれまた確かに前原代表を快く思わない勢力もありますので、その場合には、小沢氏が反前原勢力の受け皿となっていく可能性もあるでしょう。

 私自身はどう考えるかというと、代表選まで9ヶ月近くありますので、今の段階では白紙です。前原代表の「対案路線」「改革競争」という考え方には、私は強く賛同します。しかし、外交防衛問題についての考え方については、少なくとも現在の彼の考え方(と言われているもの)を聞く限りにおいては、私よりは右よりだなと感じます。

 ただし外交防衛問題については、これから前原氏は党内の考えの集約を図ろうとするのではないかと思いますので、その中で具体的にどのような方向性になるかを見極めなければならないと思います。

 今年の9月。しかしそれを見越してどうこうというものではありませんし、性分にも合いませんので、とにかく今は私としては、民主党としてのいい政策作りに貢献できるよう頑張るのみです。

  


 ☆ クリックして、応援して下さい!↓↓↓→→→ にほんブログ村 政治ブログ 政治家(国会議員)へ

後援会の方々に改めて感謝

 今日は、午前中事務所で少々事務を行ったあと、後援会の幹部の皆さんに年始のご挨拶。

 私の後援会の幹部の皆さんは、私の両親が教師だったということもあって、元教師の方々がたくさんいらっしゃいます。

 私は、日本の子どもたちの将来に、国・地方の借金というツケを回してはならないという思いから、政治を変えていかなければならないと訴えてきました。上に述べた後援会の方々は、教職を通じて子どもたちへの思いを実践されてきた方々です。子どもたちの将来のために、「今」を変えていかなければならないという思いを、強く共有してくださっています。

 昨年総選挙に突入する前、私のような若輩の野党候補に対して、後援会幹部の役を引き受けてくださる方はなかなかいないと思われ大変苦しかった中、快く役を引き受けてくださいまして、力強く助けてくださいました。これからも大変お世話になります。

 午後は、杵島郡方面への挨拶回りを行ったあと、夕刻は、牛津町の乙宮社で、私の事務所の新年の祈願と、私の厄払いの祈願とを行っていただきました。

 ところで、明日午後5時45分から、NBCラジオの「情報ファイルさが」で、先日収録したインタビューが放送されます。よろしかったら是非お聞きください!

 


 ☆ クリックして、応援して下さい!↓↓↓→→→ にほんブログ村 政治ブログ 政治家(国会議員)へ

新年おめでとうございます

7fe23462.jpg

 新年あけましておめでとうございます。皆さん、今年も宜しくお願いいたします。

 元旦の今日は、朝一番で長男とつれだって、川副町の佐賀空港へ。初日の出を見るイベントが開催されていたのでそれに参加して、東与賀町議の伊藤一宇さん、川副町議の白倉和子さんとともに、佐賀空港のターミナルの上から、初日の出を見てきました。

 天候が大丈夫かな、と思われていたのですが、案ずるまでもなく快晴。東の山の稜線からきれいな朝日が昇ってくるのをしっかり見ることができました。

 その後、川副町の志賀神社に初詣にまいりました。

 自宅に戻って、家族で我が家風のお正月の「儀式」。

 その後、昼時に鹿島市に挨拶回りに行ったあと、午後は、佐賀市大和町、川副町にて、新春の街頭演説。(写真)

 元日であるにもかかわらず、佐賀市議の千綿正明さん、藤野靖裕さん、川副町議の白倉和子さんも参加してくださって、ともに、国民の皆さんの日々の思いを真摯に政治の場に届けていく決意を、元気に述べさせていただきました。

 その後、川副町、東与賀町での挨拶回りを行って、本日元旦の日の活動を終了。

 今日の午後の街頭演説に対して、多くの通行の方々が励ましの手を振ってくださいまして、新春早々、大変勇気づけられました。

 1月20日に召集予定の次期通常国会を皮切りとして、今年一年、3分の2以上の衆議院議席を有する巨大与党に対して、しっかりとチェックの眼を利かせていけるよう、頑張らなければなりません。民主党の活動の質と量の双方を問われる正念場です。

 また、今年9月には民主党の代表選が行われるとともに、与党側でも小泉総理が退陣するとしています。その後の政局の動きが非常に注目されるところです。

 今年一年がどのような年になるのか、全く想像がつきませんが、とにかく前進あるのみ。新年から全力疾走です。

 

 

 


 ☆ クリックして、応援して下さい!↓↓↓→→→ にほんブログ村 政治ブログ 政治家(国会議員)へ

大晦日です

dbf08093.jpg

 今日は午前中、私の家系のお墓がお世話になっている、白石町のお寺、正徳寺を家族で訪れ、年末のお墓参り。(写真)

 今日は大晦日ということもあって、たくさんの方々がお墓参りに来ていらっしゃいましたが、ここは私の実家の地元のお寺なので、みなさんご近所の方が多く、「あら大串さん、お久しぶり、頑張っとるね」と暖かい励ましの言葉をたくさんいただきました。

 その後事務所でいくつかの事務作業を行った後、夕刻に事務所を閉めて、今年の活動を終了。

 夕刻は、これまで延び延びになっていましたが、私も参加して家の大掃除。夜になってやっと片付いてきました。

 こんな感じでバタバタした年の瀬。今年一年を振り返る余裕は、あまりありませんでした。とにかく、いろいろなことがめまぐるしく動いていったなあという感じです。

 国会議員になったとはいえ、その実質はまだまだ足腰の強化が必要な駆け出しです。このことは佐賀での活動においても、東京での活動においても言えること。

 来年もとにかく前にある仕事にひとつひとつまじめに取り組んでいくのみです。

 来年の日本の政治状況、経済の状況、また社会の状況がどうなっていくのか、すべてを予見することはできませんが、国民の皆さんの思いをしっかり受け止めた政治にとりくんでいけるよう頑張る所存です。

 これからもご指導のほど宜しくお願いします。

 時計を見ると、あと一時間で年が変わろうとしています。これから、ご近所の神社、乙宮社の樽開きに参加してきます。

 

 


 ☆ クリックして、応援して下さい!↓↓↓→→→ にほんブログ村 政治ブログ 政治家(国会議員)へ

今頃水ぼうそうの予防接種??

fccc5df3.jpg

 今日は、午前中佐賀市内で年末の挨拶回り。

 昼時に、近くの病院で水ぼうそうの予防接種!?何かと思われるでしょうが、実は長女が今朝水ぼうそうにかかっていることがわかって、朝早く病院へ。

 そしたら先生いわく、「家族の方で、まだ水ぼうそうをされていない方いますか?」「息子はまだですし、主人も確かまだだったと思います・・・・」「そうですか、そしたらご主人さんもうつる可能性がありますね・・・・でも予防接種を今うてばかなり防げますよ」

 ご存知のように、大人が水ぼうそうにかかった場合、重いんですよね。しかも最近うつっていたとすると、発病するのは、2週間後頃。すなわち次期通常国会に向けての準備を大車輪で行わなければならない頃。

 これはいかんというわけで、急いで予防接種を受けたわけでした。トホホ

 午後は、東京事務所の平塚さんが佐賀の事務所を訪れてくれました。みんなで写真をパチリ。(写真)

 実は2日前に、同じく東京事務所の鈴木君も佐賀を訪ねてくれたのですが、そのときは、みんなへの挨拶もそこそこに、こちらでの会議に無理やり参加してもらって、その後彼は帰っていったのでした。写真の一枚もとる機会を与えずに・・・。

 「今日の平塚さんとこの前の鈴木君とでは全然応対が違うんじゃないですか?」当地事務所のスタッフの皆さんからご指摘がありました。よく考えるとそうかも。鈴木君、勘弁!

 夕方は、白石町の支援者の方々と意見交換など行ったあと、夜は、東与賀町、(一昨日に続いて)小城市での、消防団の夜警の皆さんへの激励回り。さすがに3日目の夜警とあって、皆さん少々お疲れ気味。本当にお疲れ様でした!

 


 ☆ クリックして、応援して下さい!↓↓↓→→→ にほんブログ村 政治ブログ 政治家(国会議員)へ

激動の一年でした

 今日の午前中は、地元のラジオ局、NBCラジオでのインタビューからスタート。今年一年間を振り返っての思い、来年への豊富などについてお話ししました。ラジオでの放送は、来年1月3日午後5時45分からです。お楽しみに!

 その後、午前中から午後にかけて、佐賀市内で、今年一年大変お世話になった企業の方々などに年末のご挨拶。

 夕方は事務所で少々作業を行った後、夜はまず杵島郡で女性グループの方々とのミニ集会。初めてお会いさせていただく方が多かったので、私の履歴や、国政に出ようと思った問題意識などをじっくりお話しさせていただきました。

 その後、深夜にかけて昨日と同じく、夜警活動をおこなっていらっしゃる、地域の消防団の皆さんの詰め所を回ってご挨拶。昨日と同様、寒空の中、皆さん夜遅くまで、というか明け方まで夜警活動をおこなっていらっしゃいます。

 ところで、ラジオインタビュー収録の際のこと。「一年を振り返って、どのような一年でした?」との問いに、私は迷わず、「激動の一年でした。」まあ、3月に財務省を退官して、4月に佐賀に戻って、あっという間に9月に選挙になって、その後は国会議員として3ヶ月半活動して、という一年でしたから、まさに私の印象としては激動の一年でした。

 「ちなみに民主党にとってはどのような一年だったのでしょうか?」とさらに問われて、「それも激動の年でしたね。」確かに選挙の結果民主党は大きく議席を減らして、党代表も交代しました。党としても激動の年だったと言えるでしょう。

 「9月に小泉総理は退くと言っていますが、どのような政局になっていくのでしょうね?」(ラジオ局パーソナリティーさん)「う〜ん、それがよく読めないんですよね・・・・」本当に来年の政局、特に小泉総理が9月に退いた後の状況は読みにくい。来年も激動の年になるのかな???


 ☆ クリックして、応援して下さい!↓↓↓→→→ にほんブログ村 政治ブログ 政治家(国会議員)へ
記事検索
月別
ギャラリー
  • 被災地に見る公共交通のあり方
  • 被災地に見る公共交通のあり方
  • 漁業者にも、農業者にも打開策を
  • どこでも起こりうる大雨災害
大串博志後援会事務所
〒849-0303 佐賀県
小城市牛津町牛津127−1
民主党佐賀県第2区総支部
Tel:0952-66-5776
Fax:0952-66-5778
mail: mail@oogushi.com

お気軽にお立ち寄りください!

大串ひろしを支援してくれるボランティアやサポーター募集中です!詳しくは上記事務所まで!
livedoor プロフィール
Twitter
Facebook
BLOG RANKING
Mixi
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ