衆議院議員 大串ひろしブログ

大串博志(民主党)のオフィシャルブログ

事務所の開設準備

 今日は、午前中は、小城市に立ち上げる私の事務所の場所で、大家さんやそのほかの関係者の方々とお会いし、事務所のなかの壁の配置や、備品の扱いなどについて打ち合わせをしました。
 
 事務所として利用するには、壁を整え、洗面所を整え、また棚などの備品を整理しなければなりません。また電話線の敷設なども必要です。そのような、こまごまとしたことの日程などを詰めました。
 
 そう遠くないうちに正式に事務所としてスタートできる予定です。体制を整えていけば、今後の活動も幅を持たせていくことができると思います。楽しみです。
 
 午後は新聞記者の方との懇談、佐賀建設労組主婦の会総会でのご挨拶など、をこなしました。
 
 今日の佐賀は、30度を超える暑さ!昨日札幌から帰ってきたばかりなので、特に暑さがこたえました。
 

 ☆ クリックして、応援して下さい!↓↓↓→→→ にほんブログ村 政治ブログ 政治家(国会議員)へ

佐賀に戻ってきました

 久々のUpです。
 
 9日(木)から10日(金)まで、東京の支援者の方々にお会いするために上京しました。実働1日半というスケジュールでしたが、東京で実業・ビジネスにたずさわる、友人・知人にお会いさせていただき、私の思いや活動状況をご報告してきました。東京から、佐賀の政治のあり方に興味をもっていただけるというのは、大変ありがたいことです。
 
 その後、11日(土)の早朝便で東京から札幌まで移動。午後から夜にかけて、札幌で開催されている「YOSAKOIソーラン祭」に佐賀のよさこいチームのみなさんと一緒に参加してきました。
 
 どんな感じだろうなぁ、と思いながら行ったのですが、スケールの大きさにびっくり。街をあげてよさこいにとりくんでいるという感じでした。参加チームも全国津々浦々からたくさん。沖縄からの参加もありました。北海道のチームはもちろん地元ですから、たくさん参加していて、また、いろいろ手の込んだ踊りを披露されていました。
 
 わが佐賀のチームも、負けてはならじと発奮。11日は4回、踊る機会があったのですが、いずれも観客にできるだけアピールするべく、元気に踊ってきました。
 
 体を思いっきり動かして気分爽快、また多くの観客の方々に応援してもらいながら踊れて、これまた気分最高。チーム全体で盛り上がりました。皆さん、お疲れさま!

 ☆ クリックして、応援して下さい!↓↓↓→→→ にほんブログ村 政治ブログ 政治家(国会議員)へ

ふたたび挨拶回り

 今日は、太良、三田川の友人、支援者らとお会いしたあと、市町村などの挨拶回りを再開。三田川町、東脊振村、神埼町の首長さん、農協、商工会などを回りました。
 
 夜はよさこいの練習。土曜日に札幌で行われる「札幌YOSAKOIソーラン祭」出場前の、最後の練習でした。う〜ん、センスがないのかなぁ??完璧、とはなかなか行きません。土曜日に札幌で踊るときには、みんなに迷惑をかけないで済むようにと考えると、とやや緊張気味。
 
 明日から、東京の支援者との面会などのために上京。その後札幌に飛びます。次回のUpは今週末でしょうか。それまで、しばしごぶさた。
 
 

 ☆ クリックして、応援して下さい!↓↓↓→→→ にほんブログ村 政治ブログ 政治家(国会議員)へ

宝の海、有明海

 今日は、民主党参議院選挙区佐賀第一区総支部長の川崎稔さんとともに、白石町、塩田町、嬉野町、鹿島市、太良町の支援者の方々への、ご挨拶周り。夜には鹿島市の企業家の方々と懇談。
 
 朝7時台集合、夜11時過ぎ解散という強行軍でしたが、多くの方々にお会いできて、実り多い一日でした。川崎さん、お供してくださった新井さん、ありがとうございました。
 
 太良町では大浦・竹崎の高台に上り、小休止。有明海の全景を眺めました。ちょうど潮が引いているところだったので、広々とした干潟の風景が、延々と続いているのを見ることができました。
 
 「宝の海、有明海」と言われます。独特の風景を誇る干潟に、そこに生息するムツゴロウを初めとした生き物たち、また名産の海苔。地域に住む人々が異口同音に、諫早湾干拓事業による悪影響について述べ、また実際に苦しい状況を説明してくれます。
 
 有明海を守るために、諫早湾干拓事業をめぐる闘いや、それ以外にもいろいろな取り組みを絶えず行っていかなければならない、と気が引き締まる思いでした。
 
 

 ☆ クリックして、応援して下さい!↓↓↓→→→ にほんブログ村 政治ブログ 政治家(国会議員)へ

公共事業考

 今日は、午後に、まず長崎新幹線問題に関する、佐賀県と関係市町村との公開協議を傍聴しました。また、本日佐賀県知事が城原川ダム問題について、流水型ダムをつくる、という方針を打ち出したわけですが、夕刻、これについての民主党のスタンスを示すための記者会見を行いました。
 
 このような公共事業についてどのように考えればいいでしょうか。
 
 私は、公共事業の中でも、本当に必要なものは必要なものとして建設を行っていけばよいと思います。日本のインフラ整備が諸外国に比べて遅れているのは周知の事実です。
 
 ただし、これは私がかつて財務省で予算を担当して感じたことなのですが、公共事業をはじめとして、いろいろな予算要求項目の中には、本当に国民のためになるのか、という視点を大きくはなれて、その予算に関連するいろいろな組織の維持のため、あるいは単に「作ることはいいことだ」的な思考からとにかく提案している、といったものがあまりに多すぎると思います。
 
 公共事業は「公共」ですから、公共の用途にしっかり対応したものでなければならない、すなわち住民のニーズを受けたものでなければならないと思います。ところが現実は、国民の本当のニーズとはかけ離れて、公共事業を担当する組織の自己目的のために提案されているものが、何と多いことか。
 
 先ほど述べたように、真に必要な公共事業はあると思うし、そのようなものは財政状況の許す限り進めていけばよいと思います。しかし、公共事業プロジェクトを考える際に、まず第一歩は「これは公共事業に関連する組織の、内部の自己目的のために考え出されているのではないか」と疑ってみることは、決してな的外れなことではないと思います。
 
 

 ☆ クリックして、応援して下さい!↓↓↓→→→ にほんブログ村 政治ブログ 政治家(国会議員)へ

東京のマンションミニバブル

 今日は、東京の友人が佐賀を訪れてくれました。選挙区内を一回りしてお見せしたあと、福岡へ行き、この友達の紹介で、夜は何人かの福岡の事業家の方々と懇談させていただきました。福岡の経済の状況など興味深いお話しをお聞かせいただきました。
 
 ところで、東京の友人で思い出したのですが、東京は現在の不動産、特にマンションのミニバブル的な状況にあると言われています。
 
 私は4月に佐賀に戻る前は、都心に比較的近い地域の公務員宿舎に住んでいましたが、その周囲の高級住宅地には、大きな超高級マンションが、この1年ほどの間、たくさん建築されていました。一戸あたりの価格は数億円とも十数億円とも。。。。
 
 東京の中心部では、現在、「ホリエモン」を初めとするニュービジネス系の事業者や金融関係の事業者の方々が、事業を行い、事務所を置き、かつ居住し、と羽振りのいい状況が続いていますが、はたしてこんなにも多くの新規マンションの供給を吸収できるのだろうか??
 
 昨日大手銀行の不動産融資の急増に対する懸念について書きましたが、このようなマンションのミニバブルを見て、いっそうそんな懸念を強めたものでした。
 
 

 ☆ クリックして、応援して下さい!↓↓↓→→→ にほんブログ村 政治ブログ 政治家(国会議員)へ

銀行の不動産融資の増加

 今日は、午前中に、労働組合関係の方々のところで、講演を2席行い、両方で、日本の財政の危機的状況について、お話をしてまいりました。土曜日の開催ではありましたが、参加者の皆様には、熱心に聞いていただき感謝です。
 
 ところで、今日の日本経済新聞の第一面に、大手銀行の不動産融資が急増しているという趣旨の報道がありました。これについてどう見るか。
 
 大手銀行は、近年、不良債権の処理を第一の目標として取り組んできて、去る3月期決算においては、ついに大手銀行の不良債権比率は3%を切るところまで低下しました。これをもって、ここ数年間金融機関を悩ませてきた不良債権問題は一応の終息を見たと思います。
 
 ところが、過去の問題の処理はいいとして、将来につながる収益力はどうか。この点がまだまだ大手銀行は弱い。そんな中で、大手銀行はどこも現在収益力の強化に必死です。そのひとつのあらわれが、不動産融資の急増でもあるのです。
 
 ただし、私は、この動きをやや危ういと見ています。なぜなら、大手銀行においては、不動産融資の急増に見合う強力な審査能力、リスク管理能力が十分に備わっているかは疑問だと思っているからです。過去数年にわたって、大手銀行は不良債権処理に大きなエネルギーを割いてきました。しかし、あるいは、したがってというべきか、大手銀行は、不良債権以外の問題、たとえば審査能力強化といった問題には十分対応できていないのが現状ではないかと、私は見ています。
 
 不良債権問題からの脱却は大きな成果です。しかし、今回の不動産融資の急増といったことが、将来再び不良債権を作り出す結果とならなければよいが、と感じています。
 

 ☆ クリックして、応援して下さい!↓↓↓→→→ にほんブログ村 政治ブログ 政治家(国会議員)へ

さがでよさこい!

 今日は、午前・午後と、それぞれ大和町、佐賀市の支持者の方々にご挨拶に回りました。その後、夜は、土地家屋調査士の方々の会合(於:ホテルニューオータニ)において、「よさこい」の仲間「さがさこい連」の方々が招かれ、よさこいを踊られましたので、そのビデオ撮影に行ってきました。
 
 実は私も4月に佐賀に戻ってから、高校時代の仲間が「さがさこい連」の中心的人物として活躍していることから、このよさこいに参加させていただいています。
 
 「さがさこい連」の皆さんは、通常は月曜日、木曜日の夜に中学校の体育館などを借りて練習しているのですが、6月11日、12日に札幌で予定されている、大きなよさこい大会に、佐賀の代表として参加する予定なので、最近は連日激しい練習を行っていらしゃいます。
 
 私も札幌には参加する予定ですので、できる限り時間を作って練習に参加しています。多くの仲間に会えて、かつ、念願の「運動不足解消」にもなるという、一石二鳥のよさがある「よさこい」。小学生の娘も私もはまっています。
 
 

 ☆ クリックして、応援して下さい!↓↓↓→→→ にほんブログ村 政治ブログ 政治家(国会議員)へ

郵政問題考

 今日は、市町村への挨拶回りではなく、個別の支持者回り。個別の支持者の方々の時間の都合からこうなりました。
 
 ところで、郵政民営化に関する民主党などの審議拒否について皆さんどう思われるでしょうか。
 
 私の考えは以下のとおりです。
 
 国民の皆さんの強い関心事はおそらく、郵政民営化ではなく、年金とか医療とか、日々の生活に直接関連する不安に関する問題でしょう。そういう観点からすると、民主党としては、今般の郵政民営化への対応としては、まず第一に「郵政民営化などという、国民の心配事の第一ではない問題で、総理を含め、政府の貴重な時間、エネルギーを使うとは何事か。年金、医療など国民の心配事第一の問題にまずエネルギーを使うべき」という点を、もっと明らかに主張していくべきだったと思います。
 
 しかしながら、自民党が出してきた郵政民営化に関する法案については、それが出てきた以上、何がしかのの対応をしなければならない。確かに、審議拒否したとしても、与党は野党抜きで審議を進め最終的には法案を通すでしょうし、審議入りしたとしても、野党の議論は数の論理の中でかきけされ、法案は与党多数で可決されるかもしれません。問題はその戦いかたです。
 
 郵政民営化法案は、非常にテクニカルで、その是非が国民の方々には見えにくい法案だろうと思います。そういう意味からすると、審議拒否するよりも、初めから法案審議の中で、法案の問題点を指摘し、国民に訴え、十分理解してもらった上で、そして採決の際に、たとえば座り込みでもして訴えたほうがよかったのではないかと思います。少なくとも今の段階では、あまりに郵政法案がテクニカルであったために、国民の方々の間では、審議拒否してまでも、何が問題なのか?という思いがあったと思います。私の考えでは、今回の郵政民営化法案は、内容的には本当にストップしないと日本経済全体が危うくなるような問題点をはらんでいると思います(下記※)。したがって何がしかの方法を持って、国民の方の関心をひき、郵政民営化法案が、具体的に、国民にどのようなマイナス影響を及ぼすか、をますます訴えていく必要があると思います。
 
 
続きを読む

 ☆ クリックして、応援して下さい!↓↓↓→→→ にほんブログ村 政治ブログ 政治家(国会議員)へ

市町村などへのあいさつ回り

 先週土曜日(5月28日)に、次期衆院選に立候補予定であることについて正式に発表したので、これをきっかけとして、今日から各市町村の首長の方々や、商工会、農協などの団体の方々に対して、挨拶回りにスタートしました。
 
 これらの挨拶回り先は、一般的に言えば、自民党系の方々が多いと思われているところです。そこに民主党の候補予定者として挨拶に行くべきかい??いろいろな考え方があることとは思いますが、やっぱりそこはまさに礼儀として、この選挙区で活動する者としてご挨拶にあがるのが、適切だろうと考えたわけです。
 
 そういうわけで、今日は山間部を皮切りに、富士町に行き、続いて大和町に行ってまいりました。
 
 その後、夜は、有明海・諫早干拓問題に関する集会に参加。諫早干拓問題については、去る5月16日、福岡高裁において、工事続行禁止を命じた昨年8月の佐賀地裁の仮処分命令が覆されるという”事件”がありました。宝の海、有明海の再生に向けて、漁民、市民のみなさんとしっかり連携して対応していかなければなりません。
 
 ところで、前後しますが、挨拶回りで思い出したのですが、私は3月に役所を退職した後、あちこちの関係先に挨拶回りに行きましたが、その際
「近隣地区の自民党現職代議士にも挨拶に行くべきか」という問題に行き当たりました。当時直感的には、「民主党候補なんだから自民党現職の方々のところに挨拶に行くのは不自然だなあ」と思っていたのですが、政界通のいろいろな方面に相談したところ、異口同音に「これも礼儀として挨拶に回るべし」とのこと。そうか、礼儀か、う〜ん、政治の世界は深い。そこで、近隣の方々のところには言って参りました。皆さんにお会いしたときの感じは、こちらから「頑張ります」というのも変だし、「今後とも宜しくご指導ください」というのもなんとなくいまいちか。。。という感じでしたね、やっぱり。しかし挨拶したこと自体は正解だったのではないかと思います。

 ☆ クリックして、応援して下さい!↓↓↓→→→ にほんブログ村 政治ブログ 政治家(国会議員)へ
記事検索
月別
ギャラリー
  • 地方自治体議員の皆さんの頑張りに応えるために
  • 第一回民進党定期大会
  • 遠慮気味の安倍総理
  • 衆議院本会議で代表質問に立つ
大串博志後援会事務所
〒849-0303 佐賀県
小城市牛津町牛津127−1
民主党佐賀県第2区総支部
Tel:0952-66-5776
Fax:0952-66-5778
mail: mail@oogushi.com

お気軽にお立ち寄りください!

大串ひろしを支援してくれるボランティアやサポーター募集中です!詳しくは上記事務所まで!
livedoor プロフィール
Twitter
Facebook
BLOG RANKING
Mixi
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ