衆議院議員 大串ひろしブログ

大串博志(民主党)のオフィシャルブログ

予定の詰めすぎも問題!?

230a8d12.jpg

 今日は、朝一番で、鳥栖市議選に出馬される、民主党県連幹事長、原康彦氏の出陣式に出席。その後、三日月町に戻って、町区の溝掃除に参加。

 その後午前から午後にかけて、有明町の「ぺったんこ祭り」(餅つきのお祭り)、牛津町の「産業まつり」に参加。非常に駆け足ではありましたが、地域の皆さんにご挨拶。

 午後はさらに、佐賀市文化会館で開催されたパネルディスカッションにおいて、パネリストとして参加(写真:はっきりしない画像ですみません)。これは「佐賀の新人国会議員大いに語る」という題で開催されたもので、納富一郎佐賀大学経済学部長らでが行っていらっしゃる、CSO公共政策評価ネットワークの主催によるものです。1区の福岡資麿さん、3区の広津素子さんらとともに、私もパネリストとして参加させていただきました。

 夕刻は、鹿島市に移動し、普明寺で開催された、「かしま鍋島竹明かり」に参加させていただき、点灯式を行わせていただきました。薄闇のお寺に広がる、無数の竹の中のろうそくの灯。大変幻想的な雰囲気に圧倒されました。

 今日の最後の日程は、白石町での国政報告会。私の地元だけあって、親戚なども多数参加してくださって、アットホームな雰囲気の中で、国政の状況などを報告させていただきました。

 このように、今日は、三日月→鳥栖→三日月→有明→牛津→佐賀市→鹿島→白石、と動き回った一日にでしたが、もう少し落ち着いた日程を組んで、ひとつひとつの行事への参加を丁寧に行えるようにしたほうがよかったな、と反省。数多く参加すればよいというものではないのではないかと思います。大切なのは、地域の方々とじっくりお話しさせていただくことですから。


 ☆ クリックして、応援して下さい!↓↓↓→→→ にほんブログ村 政治ブログ 政治家(国会議員)へ

娘の七五三

49cdc93b.jpg

 今日は、午前中、小学校一年生の娘の七五三のお祝いをしました。小城町の写真館で記念写真を撮ったあと、いつも大変お世話になっている牛津町の神社にてお参り。

 その後すぐさま、通常の仕事モードに戻って、白石町の福祉施設で開催されていた収穫祭、北方町の産業祭りを訪問した後、小城市の各町対抗のPTAミニバレーボール大会を応援。

 さらにその後、連合佐賀の定期総会懇親会にて、皆さんにご挨拶したあと、夜は川副町で国政報告会(写真)。

 今日は午前中の2時間あまり、娘の七五三のために家族と過ごしたわけですが、よくよく考えてみると、純粋に家族の行事のために時間をとったのは、選挙が決まった8月初め以降、初めてのことだったような・・・・・。いつか埋め合わせをしないといけませんね。

 

 


 ☆ クリックして、応援して下さい!↓↓↓→→→ にほんブログ村 政治ブログ 政治家(国会議員)へ

時間が欲しい!

 今日は、午前中、新聞記者の方と懇談。佐賀県内のいろいろな政策課題について意見交換。

 その後は、午後にかけて、個別の面会先にご挨拶。夜には、大和町において支援者の方々に国政報告。

 また、今日は、午後の後半は、外出ではなく、自宅で、たまっていた書類に眼を通し、政策の勉強・・・、と思っていたら、いろいろな電話連絡などで、あっというまに時間がたってしまって、なかなか進みません。

 政治家としての活動を始めてみてわかったのですが、時間をまとめてとって、じっくりとペーパーや書籍を読み、政策の勉強をする、ということがなかなかできません。いろんなちょこちょことしたことで、時間がとられます。

 他方、日々世の中の状況は動きますから、勉強しなければならないことは常にどっさり。政治家としての本分を果たすために、いい政策をつくっていこうと思えば、なおさらです。なかなか悩ましい。

 いつか、本当に活動を丸一日強制中断でもして、かためて勉強する時間を作らなければならないのかもしれません。

 


 ☆ クリックして、応援して下さい!↓↓↓→→→ にほんブログ村 政治ブログ 政治家(国会議員)へ

特別会計--どこまで切り込めるか?

 今日は午前中、国の特別会計の見直しについて、農水省の方々から、同省所管の特別会計の現状等についてヒアリング。午後は引き続いて、厚生労働省の方々からヒアリング。

 その後、何名かの方々と面会を行ったあと、夕刻、東京から佐賀へ飛行機でもどりました。

 特別会計の見直しについては、民主党としてのしっかりとした考え方をまとめていくつもりです。

 国の全体的なお財布の役割を果たすのは、一般会計。そのほかに、特別な事業を行うなどの目的のために作られた特別会計が31も存在します。

 一般的に「国の予算は年間約80兆円」といわれますが、それは一般会計に限ったこと。特別会計も含めれば、政府全体の予算は240兆円にものぼります。なんと、一般会計の3倍!

 しかもこの特別会計については、財務省もしっかりとした査定ができておらず(私も、財務省主計局勤務時代、特別会計を担当していましたのですが・・・)、また国会での予算の審議においても、特別会計についてはほとんど議論されません。

 したがって、特別会計から支出された予算においては、えっ!と思われるようなむだづがいの例がたくさん見られます。皆さんの大切な年金のおカネが、例えば、まったく利用されない宿泊施設の建設で浪費されていた、といった報道がなされていたのをおぼえていらっしゃる方も多いと思います。

 でも、各省からのヒアリングを聞いていても、特別会計というのは仕組みが複雑で、なかなか切り込むのが難しいんですよね。財務省出身の私でさえ、難儀します。

 来週も、他の省庁の特別会計ヒアリングは続きます。どこまで切り込めるか、頑張ります。


 ☆ クリックして、応援して下さい!↓↓↓→→→ にほんブログ村 政治ブログ 政治家(国会議員)へ

足並みのそろった政策を

 今日は、午前中、日銀の方から、当面の金融情勢に関する彼らの見方と、今後の日銀の政策スタンスについて、説明をいただきました。

 その後、午後に、国の特別会計の問題を専門的に研究されている、大学教授の方にお話しをうかがいました。

 また、今日は、たまたま、何人かの支援者の方々が、佐賀から所用で上京されていて、事務所を訪れてくださいました。そのうちの一部の方々を、国会内にご案内して、衆議院本会議場を傍聴席側から見ていただきました。今日は国会閉会中とあって、小学生や、そのほか各地方からの見学者の方々でにぎわっていました。

 夕刻、記者の方とお話ししていた際、民主党の、党としての、特に経済政策面において、全体として足並みのそろった政策ができていないことに、話しが至りました。

 民主党では、各政策分野ごとの部門会議で、政策についての議論がなされます。しかし、そのような場所だけで議論が進むと議論がタテ割りの弊害に陥ります。

 特に現在、政府の財政の厳しい中、各部門の政策も、政府全体の財政の健全化という、大きな目標と整合的な形で進む必要があります。

 これから大きな問題となってくる、政府系金融機関の見直し、公務員の総人件費の見直し、医療制度改革、国と地方の役割分担を見直すための三位一体改革、消費税問題を含めた税制のあり方などなど・・・・、これら多くの重要案件は、これから国・地方の財政がしっかり健全化していくという、大きな政策の方向性と整合的で、足並みのそろったものである必要があります。

 ところが、我が党の政策の検討はそういう方向で進んでいるか・・・・、やや心もとない。

 昨日、立ち上げられた、党の総合政策企画会議は、まさにこのような、党としての政策の整合性をとるために、党代表のリーダーシップを発揮しやすいように、という思いで、私としては設立を提言しました。是非そのような方向で、しっかりとした役割を果たしてもらいたいと思いますし、そうなるよう、私としても党内の議論にかかわっていきたいと思います。

 

 


 ☆ クリックして、応援して下さい!↓↓↓→→→ にほんブログ村 政治ブログ 政治家(国会議員)へ

政府側の出方は?

 今日は、朝一番で、党の総合政策企画会議のコアメンバー会合に出席。本日開催予定の総合政策企画会議に向けて、原口一博担当NC大臣らと協議。

 その後、同じく午前中に、特別会計の見直しの関する調査会の会合。特別会計の見直しについての今後のスケジュールなどについて議論。

 午後は、断続的に来客をお受けしながら、財務金融部門会議で政府系金融機関の見直しについて議論。

 夜には、佐賀から友人が仕事で上京してきているので、彼らと、それに東京の知人も一緒に食事。

 ところで、総合政策企画会議のコアメンバー会合において、政府の経済財政諮問会議の今後の動きをにらみつつ、我が党として、財政再建のあり方、消費税問題に対する対応などの重要課題に対して、どう対応していくかを議論しているわけですが、これまでは、竹中大臣が主催する経済財政諮問会議を想定して、いろいろな議論を組み立てていました。(少なくとも私はそう想定していろいろなことを考えていました)

 ところが、ご存知のように、今回の内閣改造で、経済財政担当は、竹中大臣から与謝野大臣に交代。与謝野大臣が、経済財政諮問会議を動かしていくことになりました。この人事交代で、これまで竹中氏が強力にひっぱってきた、経済財政諮問会議の今後の動きはどうなるのか、若干読めなくなってきました。

 改革の大まかな方向性はかわらないのではないかと思いますが、細部ではかなり違いがでてくるのではないか・・・。う〜ん、どうだろう。しばらくは先方の出方を注視しながら、こちら側の検討作業を進めなければなりません。

 


 ☆ クリックして、応援して下さい!↓↓↓→→→ にほんブログ村 政治ブログ 政治家(国会議員)へ

国民の窓

 今日は、午前中は、牛津町、川副町での挨拶まわり。午後には何件かの面会を行った後、飛行機で東京へ。

 夜は、国会担当のマスコミの政治部の方々と懇談。

 国会議員にとって、マスコミの方々とどのように向き合っていくかというのは、極めて重要な課題です。

 私のこの点での基本路線は、とにかくありのままの事実を、つつみかくさずまっすぐにお話しする、ということです。

 というのは、背景には、財務省、金融庁時代の経験があります。財務省、金融庁で働いていた際に、重要な政策課題について、マスコミの方々から取材やインタビューを受けたことが、多々あります。

 最初の頃は、できるだけよく書いてもらおうと、やや事実に飾りを入れて話したり、うしろめたい点については言葉を濁したりして、対応していたのですが、そのような対応は、ことごとく見抜かれました。

 そのような経験から、次第に、とにかくすべてをつつみかくさず、お話しするに越したことはないという結論に至りました。うしろめたいこと、例えば、役所として対応が遅れていることなどは、「すみません、対応が遅れています、これから頑張ります」とはっきり述べたほうが、納得してもらえるケースが多かったと思います。

 何かを隠そうとしたり、ごまかそうとしたりすると、そこはマスコミの方々の視線が厳しく、ことごとく見抜かれます。そうであれば、すべてをかくさず、ごまかさず表わしたほうがよいというのが、私の実感です。

 マスコミの方々の目線、報道の様子は、国民の皆さんの反応を示す「窓」のようなものだと思います。国会議員の説明責任の重さを感じながら、オープンな対応をしていくのが一番ではないでしょうか。

 これは国会議員としてだけではなく、党全体としても、同じようなことがあてはまると思います。党内のいろいろな議論も、できる限りオープンな形でやっていくべきだと思います。


 ☆ クリックして、応援して下さい!↓↓↓→→→ にほんブログ村 政治ブログ 政治家(国会議員)へ

東京で佐賀を思い、佐賀で東京を思う

0bbb6450.jpg

 今日は、午前中、北方町の町制施行60周年記念式典に参加してごあいさつ。

 その後、白石町の文化祭の会場に移動し、展示物等を観覧。さらに、小城市で開催されていた、「小城ふるさとまつり」に家族をつれて参加して、地元の皆さんにご挨拶しながら、各テントを回らせていただきました。(写真)

 夕刻は、事務所で後援会に関する会議を開催したあと、夜は、白石町有明地区での国政報告会を開催させていただきました。

 今回は、先週水曜日の夕刻から佐賀に戻ってきていて、明日月曜日の夕刻に東京に戻る予定なので、比較的長く佐賀にいました。明日東京に戻る日だな、と今日あたりから意識し始めた頃から、「東京でやり残していたあの案件はどうしようか・・・」といったことが気になり始めました。

 佐賀と東京の間の往復生活を始めて感じていたことですが、佐賀にいるときは佐賀での仕事ばかりが頭にのぼり、東京では東京での仕事ばかりが頭にのぼってきます。ところが、両方とも、何日か全く忘れておいてよいということではないので、本来であれば、適度な度合いで、佐賀にいる間も東京の仕事を考え、逆に東京にいる間も佐賀の仕事を考えていなければならないのでしょう。

 ところが、これがなかなか難しい。できる国会議員というのは、そんな頭の切り替えがいつでもどこでもできるんでしょうね。私はまだ精進が足りないようです。


 ☆ クリックして、応援して下さい!↓↓↓→→→ にほんブログ村 政治ブログ 政治家(国会議員)へ

ダム建設、早い?遅い?

a80fe9af.jpg

 今日は、午前中、挨拶回りおよび法事への出席。午後は、再び挨拶回りと、太良、東与賀での地域のお祭りに参加させていただきました。

 夕方は、神埼地区で、城原川ダム問題について、地域住民の方々と意見交換を行いました。

 夜は、北方町で国政報告会を開催させていただきました。(写真)

 城原川ダム問題。住民の皆さんや、関係自治体の首長の間での議論が、これまでも精力的に行われてきましたが、なかなか議論が一方向に収斂してこなかった問題です。今年春まで行われた関係首長の会議でも、県知事も、意見が完全にはまとまらなかったことを認めています。

 そのような中で、流水型ダムという、環境に配意したものと説明されているタイプのものとはいえ、本当に、今、ダムを作るという結論を出す必要があったのだろうか・・・。意見がまとまっていないという状況を乗り越えてまで、今、ダムを作るという計画の前進に向けて動く必要があったのだろうか・・・。

 「もうすでに、これまで何年も議論してきているじゃないの」、という声もあるかもしれませんが、何年も議論してきているのに、方向性がまとまっていないこと自体が、その必要性、妥当性に疑問があることの証左ではないのか・・・。いろんな思いが頭をよぎります。

 地元の皆さんを含め、これからさらに議論を深めていきたいと思います。


 ☆ クリックして、応援して下さい!↓↓↓→→→ にほんブログ村 政治ブログ 政治家(国会議員)へ

少しずつ少しずつ

c1329b4d.JPG

 今日は、午前中から午後にかけて、一日中、個別の支援者の方々の会社やお宅など、ひとつひとつ訪問させていただきながら、ご挨拶に行かせていただきました。

 なんの変哲もない活動をしたようですが、よくよく考えてみると、個別の支援者の方々の会社やお宅などを訪問して一日が終わるというのは、選挙の前は、まさにそのような活動が私の活動のすべてだったのですが、選挙選に入ってから、またその後は、集会でのご挨拶や、会議への参加など、多くの方々の前にいっぺんに出て行くような、いろいろな新しい活動が入ってきて、「支援者の方々のところを個別に回らせていただく」という、ことばかりではなくなってきていました。

 今日は久しぶりにそのような一日。しかし、まさにこのような地道な活動が、本当に重要な活動なんだろうと思います。

 今日のような個別のお話しをさせていただいて一日を過ごすと、地元においてどのようなことが今問題となっているのか、どのようなことが要望されているのか、ということの実態がよくわかります。そして、また、ありがたいことに、選挙前にはなかったような、支援の輪が、少しずつではありますが、着実に広がってきていることがわかります。

 少しずつでも、コツコツと頑張ることが、やっぱり基本です。

(昨日のバルーンフェスタの写真が手に入りましたので、UPしました)


 ☆ クリックして、応援して下さい!↓↓↓→→→ にほんブログ村 政治ブログ 政治家(国会議員)へ
記事検索
月別
ギャラリー
  • どこでも起こりうる大雨災害
  • 被災地の猛暑
  • 被災地の猛暑
  • 九州北部大雨被災地の厳しさ
大串博志後援会事務所
〒849-0303 佐賀県
小城市牛津町牛津127−1
民主党佐賀県第2区総支部
Tel:0952-66-5776
Fax:0952-66-5778
mail: mail@oogushi.com

お気軽にお立ち寄りください!

大串ひろしを支援してくれるボランティアやサポーター募集中です!詳しくは上記事務所まで!
livedoor プロフィール
Twitter
Facebook
BLOG RANKING
Mixi
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ