衆議院議員 大串ひろしブログ

大串博志(民主党)のオフィシャルブログ

国会ってこんなに軽いのか!!

 今日は、朝一番から、衆議院予算委員会で、17年度補正予算案の審議。午後には委員会を通過する予定でした。

 ところが、当方の3番手、松野頼久代議士の、米国牛肉輸入解禁問題について、日本側の責任はないのか、とする追求が大変鋭かった。

 実は、米国産牛肉の輸入が解禁された昨年12月12日の前、我が党の川内博史代議士の求めに対して、11月18日に政府が国会に提出した答弁書の中で、政府は、「輸入を再開する場合には、その前あるいはその後も定期的に、米国の管理体制がしっかりしているか調査する必要がある」と述べていました。この答弁書は閣議決定を経て政府は出してきているものであって、大変重いものでした。

 これを示しながら、松野氏が、中川農水大臣に「政府は事前に米国の調査を行わないで輸入を再開した。すなわちこの答弁書に書かれていることと異なることを農水大臣は行ったのか」と追求したところ、農水大臣は「そうである。その責任は自分にある」との答弁。閣議で決定したことを守らなかったのか!!と騒然となり、予算委員会の審議は午後の早い段階でストップ。

 その後、延々と続いた与野党協議の中で、いろいろな議論が出され、結局、もう一度政府の中で事実関係を整理して、政府公式答弁を得ることとなって、午後10時10分に予算委員会は再開。

 そこで示された政府の公式答弁が驚くべきほどひどかった。安倍官房長官が代表して答弁していわく、「11月18日の答弁書の中で、『事前に調査をする必要がある』としたのは、その時点での農水省の『認識』を示したものであり、『事前に調査をする』という、特定の行為を政府が行うことを閣議として決定したものではない」とのこと。11月18日以降に生じた事情によって、結局政府は事前の調査をせずに、米国産牛肉の輸入を再開したわけですが、これは11月18日の答弁書に示した閣議決定内容を破ったものではない、という理屈でした。

 つまり、国会に提出された答弁書の内容に「●●をする必要がある」と閣議決定して書いてある。それを政府は今日、「それはその時点での認識を示しただけのものであって、本当にそれをしなくても問題はない」ということを言ったわけです。

 国会に提出された答弁書の内容ってこんなに軽く取り扱われるものか、驚き、かつ強い憤りを覚えました。

 米国産牛肉の輸入再開問題は、国民の食卓の安全にかかわる、大事な問題です。BSEにおかされた牛肉が、我々の口の中に入ってくるかもしれないのです。

 それを、今日のような理屈をこねまわしたような答弁で、「日本政府としての責任はない、責任は米国政府にあるんだ」と言われても、今の政府は本当に国民の生活の安全を考えているのかと不信感を抱かざるを得ません。

 今日の政府の答弁は大変遺憾なものでした。国民の食の安全を守っていくため、引き続き予算委員会の場で、断固として政府の態度をただしていかなければなりません。第2、第3の背骨つき牛肉の輸入を食い止めるために・・・・。


 ☆ クリックして、応援して下さい!↓↓↓→→→ にほんブログ村 政治ブログ 政治家(国会議員)へ

ライブドア問題・・幕引きはまだ早い!

82889a53.jpg

 今日は、午前中、小城市内で挨拶回りを行ったあと、事務所において執務。その後お昼時は、佐賀市で開催された全郵政佐賀支部連絡協議会の賀詞交歓会に参加してご挨拶。(写真)

 その後、白石町の福祉作業所、「西部コロニー」が、どんどんどんの森で開催されていたイベントに参加しました。皆さんで太良名物の海水みかんを販売されていたので、一箱いただきました。

 夕刻は、嬉野市へ移動。今月合併で新しく誕生した嬉野市の市長選、市議選の火ぶたが、今日切って落とされました。市長選に関しては、結局現職の谷口町長以外は立候補者が出ず、無投票で谷口氏が新市の市長となられることが決まりました。新市長誕生の報告会に駆けつけ、お祝いの挨拶を述べさせていただいたわけです。

 その後短時間ではありましたが、久しぶりに両親、家族と食事をともにしたあと、空港へ。最終便で明日の予算委員会に備えるべく、東京に移動しました。

 議員宿舎に戻ってメールをチェックしてみると、ライブドア関連の情報が、匿名その他を含め、どっさりとどいていました。ひとつひとつ読んでいると膨大な時間がかかりそうですが、興味を強く引かれる情報がたくさん届けられています。

 なるほど、こんなに奥の深い、あるいは広がりの広い問題だったのか、と改めに感じさせられた次第です。この問題について、与党側は盛んに幕引きを図ろうとしていますが、これらの情報を元に、更なる国会での議論は続きます。

 


 ☆ クリックして、応援して下さい!↓↓↓→→→ にほんブログ村 政治ブログ 政治家(国会議員)へ

桑原市長おめでとうございます

f857a008.jpg

 今日は、午前中、事務所で後援会幹事会を開催して、今後の後援会活動方針を議論。

 その後鹿島市に移動して、桑原市長の「韓国釜山外国語大学名誉博士号授与をお祝いする会」に参加して、市長にお祝いを述べさせていただきました。(写真)

 鹿島の全国ブランドの町おこしイベント、「ガタリンピック」を長年引っ張ってこられた市長。その中で、韓国の方々との交流も一貫して拡大してこられました。

 その功績を認められての名誉博士号の授与。鹿島の街づくりに対する市長の熱意には頭が下がります。

 その後、塩田町、白石町で挨拶回りを行って、夕刻は小城市の歯科医師の方々と懇談。

 その後佐賀市内で企業経営者方々との懇談。さらにその後は中学校の後輩諸君とちょっと一杯。元気のいい後輩の皆さんで、いつもこちらも元気づけられます。

 木曜日の予算委員会で、私は、我が党の質問者の横でパネルを差し出したりして手伝っていたのですが、それが何回かテレビの画面にうつっていたらしく、今日は、何人もの方々から「テレビでちらちら見たよ」と言っていただきました。

 「よく見ていらっしゃるなぁ〜」と思いつつ、やっぱりテレビの力をすごい、と再認識でした。


 ☆ クリックして、応援して下さい!↓↓↓→→→ にほんブログ村 政治ブログ 政治家(国会議員)へ

予算委員会初質問!

63ee2ccf.jpg

 今日は、午前中、衆議院予算委員会での一般質疑。いよいよ今日の民主党トップバッターとして初質問に立たせていただきました。(このブログの左上にある「大串博志の公式ホームページ」をクリックしてみてください。今日の写真が載っています)

 予算委員会二日目という重要な場面で、しかも、耐震偽装問題、ライブドア問題、米国産牛肉輸入再禁止問題が生じて、野党としての真相追求能力が問われている中でしたので、大変緊張しました。我が党の野田国会対策委員長も昨日の記者会見で「明日は我が党のルーキーが質問に立ちますから」とわざわざ言っていたらしいということがわかって、いかにも国対委員長らしい間接的プレッシャー、やられたなぁと思いながらのスタートでした。

(質疑の模様は下の衆議院HPでご覧ください)

 http://www.shugiintv.go.jp/jp/index.cfm

 まずは、米国産牛肉輸入再禁止問題について、昨年12月12日に、日本政府が米国産牛肉の輸入再開を決めたとき、危険な牛肉が入ってこないような仕組みが米国でしっかり出来ているかどうかを、政府としてちゃんと確認していなかったのではないか、という点を確認するべく議論展開。

 農水省の副大臣(中川大臣は海外出張中)からは、あやふやな答えしか返ってきません。何度も質問をしつこく繰り返しますが、答えはあやふやなまま。最後にやっと、米国大使館の人間を呼んで、「米国としてしっかりやるということを聞きました」ということでした。たったそれだけの確認作業しかしないで、米国からの牛肉輸入解禁を決定していたのでした。

 そのお粗末な決定の結果、たった一ヶ月のうちに、輸入されるべきではない肉が国内に入ってこようとしていたことが発覚したわけです。

 ここには明らかに政府の失態があります。輸入が再開されてから、すでに1500万トンもの米国産牛肉が日本に入ってきているのです。

 国民はひょっとすると危険な肉を食べるかもしれない。そういう、国民にとっては非常に心配な状況であるにもかかわらず、政府から十分な確認作業を行ったかどうかについては明確な回答はなく、「米国がしっかりすると言っていたのだから、米国の責任。日本には責任はない」の一点張り。

 それにしても政府というのは、自分に責任があることを認めないものです。国民が本当に米国の危ない肉を食べてしまったときに、政府の誰が責任をとるのでしょうか・・・・・。誰もとらないんでしょうね。

 そんな変なことにならないように、これからも政府の責任をしっかり追及していかなければなりません。

 そんな牛肉問題を、熱く質問していたら、時間が足りなくなってきて、残りの質問を足早に行って、持ち時間50分弱を終了。

 まあ、100%OKとはいきませんが、初回としては何とか乗り越えられたかなと思います。次回の質問の機会まで、また勉強開始です。

 その後、夕刻の便で佐賀に戻り、夜は、三日月町の支援者の方々に懇親会を開いていただきました。多くの方々に参加していただいて、本当に感激です。(写真)

 

 


 ☆ クリックして、応援して下さい!↓↓↓→→→ にほんブログ村 政治ブログ 政治家(国会議員)へ

衆議院予算委員会開幕

 本日、今年度通常国会、衆議院予算委員会が開幕しました。

 冒頭の基本的質疑は、総理出席、テレビ入りという中で行われ、我が党から、選りすぐられたファイターとして、松本剛明政調会長、馬淵澄夫代議士、原口一博代議士が、それぞれ、いわゆる「三点セット」と言われている、米国産牛肉輸入再禁止問題、耐震強度偽装問題、ライブドア問題について、追求を行いました。

 さすが、予算委員会の初日、先輩方も気合の入っている様子がありあり。

 そして、いよいよ明日、私の登板日です。朝10時から、野党側のトップバッターとして、17年度補正予算案、ライブドア問題、米国産牛肉問題などなどについて、政府の態度をただしていきたいと思います。

 テレビ入りでないのが残念ですが、何せ一年生議員ですから贅沢は言えません。二日目という早いラウンドで登場させてもらえるだけでも有難いことです。

 夜に各省に対して、質問の概要をレクチャーした後、最後の資料整理。心を落ち着かせながら初登板に備えます。

 緊張しますが、とにかくやってみましょう!


 ☆ クリックして、応援して下さい!↓↓↓→→→ にほんブログ村 政治ブログ 政治家(国会議員)へ

国会質疑準備で大忙し

501d52f7.JPG

 今日は、朝一番に党の予算調査会を開催して、本年度政府予算案等について、財務省からヒアリング。(写真)

 その後、事務所で、マスコミの方々と面会を行い、午後は、明日から始まる予算委員会での質問の準備を行うために、原口一博代議士とともに、関係各省庁と立て続けに打ち合わせ。

 原口代議士は明日、総理参加、テレビ中継入りという中で、民主党の先鋒として、注目のライブドア問題などについて議論を行われる予定。そして私は原口代議士に続いて、あさって27日(金)の午前に、二番手としてライブドア問題などをさらに追求する役回り。

 夜になっても、資料の分析、質問内容の検討など、事務所で遅くまで作業が続きます。国会対策担当の先輩方からも、「しっかり頼むよ」と檄が飛びます。

 役所に勤めていた時には、この逆の立場で夜遅くまで、答弁書を作る作業をやっていたなぁ、と思い出しながら、質問内容の検討作業は続きます。

 最重要の委員会である予算委員会で、二日目に質問に立たせてもらえるという大役の責任をしっかり果たすべく、頑張らなければなりません。


 ☆ クリックして、応援して下さい!↓↓↓→→→ にほんブログ村 政治ブログ 政治家(国会議員)へ

質問バッター指名!?

 今日は、朝一番で、党のライブドア問題特別チームの会合。ライブドア問題を今国会でどのように議論していくかについて検討。

 堀江社長が逮捕された翌日とあって、マスコミの方々の注目も多く、冒頭カメラ撮りまで入っていました。

 その後断続的にマスコミの方々と意見交換など。午後は、2時から2時間半、衆議院本会議で、総理所信演説に対する代表質問の続きを行いました。

 今日で、所信演説に対する代表質問は終了。そしてあさってから、衆議院予算委員会が開催し、初日は基本的質疑ということで、カメラ入り、総理出席のもと、審議が開催されます。

 当然、初日は我が党も主力のメンバーで、耐震偽装問題、ライブドア問題、米牛肉問題について、真相究明などに向けて議論を展開していきます。

 そうこうしているうちに、予算委員会の先輩から、「初日のあとすぐやってもらうからね」との指示。う〜ん、そんなに早い段階で・・・・。緊張します。

 テレビ入りではないけれど、耐震偽装、ライブドア、米牛肉の「三点セット」に注目が集まっている中での審議で立つのは、新人議員として正直、大緊張ものです。

 特にライブドア問題を追えとの指示。事態が刻々と進展していますから、なかなかこれが追いづらい。

 毎日、情報を拾い集めながら、それこそ走りながら考えるしかありません。


 ☆ クリックして、応援して下さい!↓↓↓→→→ にほんブログ村 政治ブログ 政治家(国会議員)へ

波乱の国会幕開け

 今日は、午前中、党予算調査会で民主党予算案の検討。その後予算委員会メンバーが集まり、今日から始まる国会論戦での予算委員会としての闘いの方向性について打ち合わせ。

 そしていよいよ午後一時から、前原代表の代表質問を皮切りに、国会論戦のスタート。

 耐震偽装問題、ライブドア問題、そして先週金曜日に飛び込んできた米牛肉輸入再禁止問題、これら三つの問題は、マスコミなどでは「三点セット」と言われています。

 今国会は当初は巨大与党の前に、おとなしいものになるかと思われていましたが、この三点セットの出現で、小泉政権の失政に対する追求が激しくなり、波乱の幕開けとなりました。

 前原代表による代表質問においても、これらの三点については小泉総理に対して特に厳しい議論が行われました。

 今日の、予算委員会での打ち合わせでは、ライブドア問題を中心にいつでも質疑に打ち出していけるようによく準備をしておけよ、と先輩議員からの喝が入りました。

 予算委員会は国会の最重要委員会。ここでの議論が、その後の国会論戦の基調、あるいは政局の状況すら動かしてしまうことがあります。

 その意味で、いつ登板場面が回ってくるかわかりませんが、緊張感が走ります。

 そうこうしていると、夜になんと堀江社長逮捕の一報!そうかぁ、もうここまできたか、とテレビニュースに釘付け。

 しかし、この三点セット、追及の糸口として我々野党にとっても格好の材料であるのは確かなのですが、自民党の反小泉陣営も心なしか強気になってきているような・・・・。これらがこの時期に立て続けにでてきていることといい、まあ、米国牛肉問題は他人が操作できないにしても、その他の問題などは、だれかが背後で糸を操っているのではないか・・・、と勘ぐってしまうのは私だけでしょうか・・・・。


 ☆ クリックして、応援して下さい!↓↓↓→→→ にほんブログ村 政治ブログ 政治家(国会議員)へ

同士を探し求めて

577dd898.jpg

 今日は、午前中事務所で、来訪してくださった支援者の方々と面談。その後、三日月町のある集落の公民館でのお祭りにおいて、地域の皆様にご挨拶。

 その後、嬉野町に移動して、支援者の方々に挨拶回りに行ってまいりました。

 いつも「挨拶回り」と書きますが、具体的にどのようなことをやっているのかというと、これまでご支援いただいている方々に文字通りご挨拶に回っていることもありますし、またいろいろな方々のご紹介を受けて、新たな出会いを求めて行っている場合もあります。

 今日も、挨拶回りの中で、現在の日本の状況に強い問題意識を抱いて、改革マインドを強くもっていらっしゃる方々に、新しくお会いさせていただくことができました。そのような出会いがあった時は本当にうれしいし、元気が出ます。

 そのような方々に出会えたときには、どうして9月11日の選挙の前にお会いできなかったのか・・・、本来であればその前にご挨拶できていてしかるべきだったのになあ・・・とつくづく、私の活動が足りなかったことを感じます。

 いかに昨年9月の選挙が、私にとってバタバタの中での選挙であったかを物語っています。

 どこへでも、いつでも馳せ参じて、そしてじっくり膝詰めで語り合って、子どもたちの未来のために、日本を変えていく同士を探し求めていく。そのような地道な活動を、とことんやっていきたいと思います。

 


 ☆ クリックして、応援して下さい!↓↓↓→→→ にほんブログ村 政治ブログ 政治家(国会議員)へ

米牛肉輸入問題--あまりにずさん

796330cf.jpg

 今日は、午前中、いくつかの挨拶回り、会合を行ったあと、佐賀市内での葬儀に参列。

 午後は、小城市内、杵島郡での挨拶回りを引き続き行いました。その合間に、事務所で来客の方々とお会いさせていただきました。

 夕刻、小城市芦刈町で開催された、「ムツゴロウ王国夜なべ談義」に参加させていただいて皆さんにご挨拶。今日は夕刻から大変冷え込んだのですが、そのような中、多くの町民の皆さんが、教育や文化、生活といった内容について、町の将来像を語るべく、各テーマごとにわかれて議論を交わされていました。

 夜は、鹿島市で開催された、支援者の方々の集いに参加させていただいて、ご挨拶をさせていただきました。いつも暖かいご支援ありがとうございます!

 ところで、昨日来、世の中を騒がせている米国産牛肉の輸入問題。続々と事実関係についての報道が流れてきます。

 その内容を見ていると、これは成田空港の検疫で、係官の目視で発見されたとのこと。また、危険部位であり、取り除かなければならないとされていた、牛の背骨の部位であることが目で見てはっきりわかるような状況であったようです。

 また、なぜこのようなことが生じたかについては、処理をした米国の業者が、日本向けにはこのような危険部位を取り除かなければならないという決まりごとを、理解していなかった(!)とのことでありました。さらに驚いたことには、この業者には米国の農務省の係官がチェック要員として常駐していましたが、この係官も、このような決まりごとになっていることを知らなかった(!!!)、ということです。

 何というずさんな体制!!と驚かされます。昨年12月に輸入を解禁した際に、米国が危険部位を取り除くことが条件になっていました。その際、本当に米国はその条件をしっかり実行してくれるのか、と不安視する声の多かったのですが、日本政府は「大丈夫です」として輸入を解禁したわけです。

 それがこの結果となっていて、日本政府として、「食の安全」の観点から、米国との間でどのような話し合いをした上で、「大丈夫です」と言っていたのか、国民としては大いに気になるところです。

 これも今国会で十分、政府の認識を質していかなければなりません。


 ☆ クリックして、応援して下さい!↓↓↓→→→ にほんブログ村 政治ブログ 政治家(国会議員)へ
記事検索
月別
ギャラリー
  • 被災地に見る公共交通のあり方
  • 被災地に見る公共交通のあり方
  • 漁業者にも、農業者にも打開策を
  • どこでも起こりうる大雨災害
大串博志後援会事務所
〒849-0303 佐賀県
小城市牛津町牛津127−1
民主党佐賀県第2区総支部
Tel:0952-66-5776
Fax:0952-66-5778
mail: mail@oogushi.com

お気軽にお立ち寄りください!

大串ひろしを支援してくれるボランティアやサポーター募集中です!詳しくは上記事務所まで!
livedoor プロフィール
Twitter
Facebook
BLOG RANKING
Mixi
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ