衆議院議員 大串ひろしブログ

大串博志(民主党)のオフィシャルブログ

総理としてあるまじきこと

安倍総理は、今晩のテレビ出演の中で、戦後70年の談話について、アジアに対する「侵略」や、「お詫び」といった言葉を使わない旨述べました。
村山談話を「全体として引き継いでいる」のだから、その中の個別の言葉を使う必要はないというロジックですが、要はそのような言葉を使いたくないだけ。

小泉総理も含め歴代内閣が使い続けていることば、個人的な好みで使わず、結果として近隣諸国との緊張を高めるのは一国の総理としてはあってはならないことです。

 ☆ クリックして、応援して下さい!↓↓↓→→→ にほんブログ村 政治ブログ 政治家(国会議員)へ

統一地方選後半戦スタート

1429405667026__ 1統一地方選後半戦が始まっています。
今日は、地元の市会議員選挙の告示日。我が党が推薦している候補を始め、応援している議員さんを応援にまわりました。

朝は、私たちが推薦している香月まさのり・多久市議候補、福井ただし・鹿島市議候補の出陣式を激励。その後各所を激励にまわり、夕刻には無投票再選を決めた香月議員の事務所で万歳。

選挙はまだまだ続きます。一歩、一歩です。

 ☆ クリックして、応援して下さい!↓↓↓→→→ にほんブログ村 政治ブログ 政治家(国会議員)へ

「知る権利」を守る

自民党の部会が昨日、やらせ問題が発覚したNHKと、報道ステーションでの古賀茂明氏の「菅官房長官からの圧力」発言のあったテレビ朝日とを呼び出し、意見聴取したのは、報道の萎縮させる恐れが大きく、問題です。
そこには個別の番組編集に異論を述べる安倍総理に対して私が予算委員会で異議を述べた時に、「私の言論の自由だ」と非を認めなった態度に相通じるものがあります。

この報道の自由を侵し、国民の知る権利を危うくする自民党のあり方には強い危惧を覚えます。

そもそも憲法に定める「知る権利」は、民主主義の基礎をなすものとして、憲法学上もひときわ重要な位置を与えられています。

そんなこともお構い無しに、極めて強引な報道機関へのこのあり方。国会でも取り上げていかなければなりません。

 ☆ クリックして、応援して下さい!↓↓↓→→→ にほんブログ村 政治ブログ 政治家(国会議員)へ

衆議院本会議で安全保障政策を訴える

20150417衆議院本会議で登壇し、防衛大臣に対して質疑に立ちました。
取り上げたのは、今与党で議論が進む集団的自衛権をめぐる与党協議のあり方等。今の与党は戦後の安全保障政策の大転換に向けて与党協議を行っていて、具体的な法案が国会に出てくるのは5月半ばと言われています。

そんな中、安倍総理は月末に訪米し米国に対して安保法制の見直しについて説明する見込み。また中谷防衛大臣も月末に訪米して、防衛に関する日米ガイドラインの見直しを、安保法制に沿って確定してくる見込み。

いずれも与党内の協議は国民に開示されないまま、先に米国に対して説明されるという、とんでもない状況です。このことを訴えました。

また、防衛省設置法12条を改正して、軍部が独走した戦前の苦い反省に基づいてできた、いわゆる「文民統制」を弱めようとしています。これもなぜ今こんなことをする必要があるのか、理解に苦しみます。

数を頼んで、これまであり得なかったような規模で、歯止めなく安全保障法制を変えようとする安倍政権。

国会で激しい論戦を挑んでいきます。

 ☆ クリックして、応援して下さい!↓↓↓→→→ にほんブログ村 政治ブログ 政治家(国会議員)へ

定番の本

IMG_0070安全保障法制に関する議論が集中して行われている今の政局。
その中で大いに活躍しているのが、写真の本。私がPKOの担当政務官をしている時の部下の方なども執筆に参加されている本。

700ページに及ぶ大部ですが、日本の防衛に関する法制度がその経緯まで含めてよくまとまっていて、参考書的に使えます。

私も何度も読み返しましたが、最近は色んな議員さん方が持ち歩いているのを見かけます。限られた世界ですが、大流行です。

 ☆ クリックして、応援して下さい!↓↓↓→→→ にほんブログ村 政治ブログ 政治家(国会議員)へ

一国会で終えられる課題ではない

集団的自衛権に関する安全保障法制の見直しについて、統一地方選前半戦を終えた今、具体化に向けた自民・公明の与党間の議論が再開しました。
私たちの党における安全保障総合調査会での議論も着々と進めていますが、改めて思うのは、与党が検討している安全保障法制の見直しの質、量、双方での規模の大きさ。

まさに戦後70年目の今年に、これまでの安全保障法制について、自衛隊の海外活動が歯止めなく広がる方向に向けて、総ざらえの改革をする勢い。

これを通常国会の会期末まであと1ヶ月足らずという時期に提出して、会期を延長したとしても一国会会期で議論を足早に終えようという与党の考えですから、あまりに拙速と言わざるを得ません。

通常なら国会の二会期、三会期ぐらいかけて、丁寧な議論を、国民の皆さんを巻き込んで行うべきような規模の話しです。

国会での戦いも激しいものになること必至です。

 ☆ クリックして、応援して下さい!↓↓↓→→→ にほんブログ村 政治ブログ 政治家(国会議員)へ

諫早湾干拓開門制裁金に対して課税?

諫早湾干拓の開門について、これを開門確定判決通り実行しない政府に対して、原告たちは「間接強制」という手段をとり、裁判所の判決を通じて国に制裁金を課すことで開門を実現していこうとしています。
この制裁金について、国税側が税を払えと言ってきているということです。制裁金に対して課税というのはどういうことか?税の理屈もわかりますが、なぜこういうことになったかという全体像からはいかがなものかな、と思います。

 ☆ クリックして、応援して下さい!↓↓↓→→→ にほんブログ村 政治ブログ 政治家(国会議員)へ

統一地方選前半戦・後半戦の間の忙しい週

昨日までの統一地方選前半戦を終え、今日は朝から急ぎお礼等を述べる先をまわってその後上京。
今週は、来週の統一地方選後半戦までの言わば「間」の週。この週は国会での業務が詰まっています。

ひとつには党の安全保障総合調査会における議論。先々週から「周辺事態法」に関する議論に入っていて、これをどう取りまとめていけるか、精力的な議論を行なっていきます。

もうひとつは、私が筆頭理事を務める衆議院安全保障委員会の動き。週の後半に沖縄普天間基地問題等を含めた、現在の重要事項を議論する委員会を開催していくことになると思われます。

沖縄問題以外にも、今議論が進んでいると伝えられている日米ガイドラインの見直し等についても、国会として議論をしていくことになると思います。

多忙な週となりそうです。

 ☆ クリックして、応援して下さい!↓↓↓→→→ にほんブログ村 政治ブログ 政治家(国会議員)へ

統一地方選前半戦結果

統一地方選、佐賀県議選の結果が出ました。
佐賀市選挙区では、藤崎てるきさん、江口よしのりさんの、2人の公認候補が当選し、また多久市選挙区では連合推薦で私たちが応援した野田まさとさんが当選しました。

無投票当選した鳥栖市選挙区の原やすひこさんもあわせて、現有議席に上積みができて、ひとまずは「ホッ」

でも明日からまた統一あ地方選後半戦に向けた戦いが始まります。

 ☆ クリックして、応援して下さい!↓↓↓→→→ にほんブログ村 政治ブログ 政治家(国会議員)へ

やれることをやりきって

統一地方選の前半戦。佐賀では県議選です。
その選挙期間も今日まで。我が党としては、鳥栖市選挙区で原やすひこさんが無投票当選を既に決めていますが、その他、佐賀市選挙区で公認候補の藤崎てるきさん、江口よしのりさんを、また多久市選挙区おいては連合推薦の野田まさとさんを応援してきたこの9日間でした。

激しい選挙。私としてもマイクを持ち、歩きまわり、電話をかけ、できる限りのことはやってきたつもりです。

もちろん投票箱のふたが閉まるその瞬間まで、やれることをやりきって明日の結果を迎えたいと思います。

 ☆ クリックして、応援して下さい!↓↓↓→→→ にほんブログ村 政治ブログ 政治家(国会議員)へ
記事検索
月別
ギャラリー
  • 統一地方選後半戦スタート
  • 統一地方選後半戦スタート
  • 衆議院本会議で安全保障政策を訴える
  • 定番の本
大串博志後援会事務所
〒849-0303 佐賀県
小城市牛津町牛津127−1
民主党佐賀県第2区総支部
Tel:0952-66-5776
Fax:0952-66-5778
mail: mail@oogushi.com

お気軽にお立ち寄りください!

大串ひろしを支援してくれるボランティアやサポーター募集中です!詳しくは上記事務所まで!
livedoor プロフィール
Twitter
Facebook
BLOG RANKING
Mixi
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ