衆議院議員 大串ひろしブログ

大串博志(民主党)のオフィシャルブログ

平和のとりで

「戦争は人の心の中で生まれるものであるから、人の心の中に平和のとりでを築かなければならない」

ユネスコ憲章前文にある、有名な一節です。私はこの一節が大好きです。

今日はこどもの日。

こどもたちの未来のために、人の心の中に平和のとりでが高く高く築かれた世の中であって欲しい。

その中で私にできることは、すべてやり切っていきたいと思います。

 ☆ クリックして、応援して下さい!↓↓↓→→→ にほんブログ村 政治ブログ 政治家(国会議員)へ

重い責任

参議院選挙、佐賀選挙区の候補湯立はまだか!

多くの皆さんから、強くそのような「叱咤激励」の言葉をいただきます。

今回の参院選では、かつてなかったほど、「今の政権の独走を止めるために頑張ってくれ」という声を多くいただきます。そのような多くの声を、民進党佐賀県連代表として本当に重く受け止めています。

重い、重い責任を感じています。必ず結果を出し、候補擁立につなげていきます。

 ☆ クリックして、応援して下さい!↓↓↓→→→ にほんブログ村 政治ブログ 政治家(国会議員)へ

憲法問題こそが参院選の争点

今日は憲法記念日でした。県内で行われた憲法に関する講演会に、来賓として出席してきました。

挨拶の中で、私が訴えたかったのは、来る参院選は、憲法問題が大きな争点であること。

安倍総理は、憲法改正を参院選の主要な争点として据えてくるかは明らかではありません。選挙公約の中でも控えめな表現にとどめてくるかもしれません。

しかし、それはいわゆる「争点隠し」のようなもの。

もし参院選で勝利したとすると、「国民の信を得た」と言って、憲法改正論議を多数の力で進めようとすることは明らかです。

予算委員会で安倍総理と憲法問題を議論した時の私の印象から言っても、安倍総理は参院選後憲法改正を具体的に動かしていきたいと強く考えていると感じました。

そうであるからこそ、国民の皆さんによくわかるような議論の中で、参院選を通じて論争が行われるべきです。


 ☆ クリックして、応援して下さい!↓↓↓→→→ にほんブログ村 政治ブログ 政治家(国会議員)へ

被災地、被災者に寄り添う

熊本地震に対して、政府から熊本に派遣されている対策本部長が、松本副大臣から政務官に交代させられたのはほんの一週間ほど前。東京とのテレビ会議で、自分たちへの食料の差し入れをお願いした等の不適切な対応が問題視されていました。

ところがその政務官が、また一週間たらずで別の政務官に交代させられました。

一体どうなっているのでしょうか。東日本大震災への対応を経験した私たちとしては、現地責任者が二度にわたって一週間ほどでころころと変わるということは考えられません。

このような状況では被災地、被災者に寄り添うということは到底できないでしょう。しかもその交代の理由が明らかにされていないことも、何となく釈然としません。

「寄り添う」のであれば、徹底的に寄り添うべきです。

 ☆ クリックして、応援して下さい!↓↓↓→→→ にほんブログ村 政治ブログ 政治家(国会議員)へ

金融市場の動きを注視

ゴールデンウィーク、お盆の時期、年末年始。

これらの時期は金融市場の大きな揺れ動きに注意が必要です。海外の市場は開いている一方、日本においては休みの続く頃で商いが薄く、ちょっとした加減で市場の値動きが極めて大きくなります。

日銀の金融政策の限界が露呈してきているではないか、米国の金融政策の次の一手が不透明ではないかといった見通しや、さらにはTPPを受けた米国での為替監視報告書が出されて日本の為替介入が難しくなるのではないかといった見方から、明日開く日本の市場も相当荒れる可能性があります。

私は、日銀の金融緩和は行き過ぎており、一時的には円安株高方向の成果を上げていたように見えても、実質的には日本経済のリスクを高めただけに終わっているのではないかと思います。

金融市場の動きを要注視です。

 ☆ クリックして、応援して下さい!↓↓↓→→→ にほんブログ村 政治ブログ 政治家(国会議員)へ

熊本地震と観光への影響

ゴールデンウィーク中の地元では、有田陶器市、唐津やきもん祭りなど、いろんな観光イベントが目白押し。

それらの会場をまわって皆さんから近況を聞きますが、ここでも熊本地震の影響が聞こえてきます。

ゴールデンウィークは、各地の行楽地にとってたくさんのお客さんに来て欲しい時。ところがやはり地震のために、観光の客足にも影響が出ているという声です。

まだ余震が続く中ですから、観光客の皆さんが心配されるのもわかります。

熊本地震への対応策を考える際には、このような熊本を含む広範な地域への影響もしっかり見据えていかなければなりません。

 ☆ クリックして、応援して下さい!↓↓↓→→→ にほんブログ村 政治ブログ 政治家(国会議員)へ

安倍総理の思考停止

安倍総理は、今日のテレビ番組で改めて、9条を含む憲法改正に意欲を示しました。

私と安倍総理が予算委員会で議論しあった時でもそうでしたが、安倍総理は自分と同じように憲法改正を訴えない者を「思考停止」と言い、今日のテレビ番組でもそう述べたようです。

しかし、私は憲法改正ありきで突っ走る安倍総理の考えこそ「思考停止」だと思います。

「現行憲法は米国からの押し付け憲法だ  →   だから改正しなければならない」

この極めて単純にパターン化した思考の中から一歩も外に出きれないでいるからです。

そう決めつける前にまずは幅広く国民の間で憲法を論じること。そこから何が出てくるかを虚心坦懐に見つめること。それがあるべきスタンスであり、立憲主義の基本です。

 ☆ クリックして、応援して下さい!↓↓↓→→→ にほんブログ村 政治ブログ 政治家(国会議員)へ

熊本地震対応にかかる補正予算案申し入れ

今日、我が党を代表して、自民党の塩谷政務調査会長代行に対して、熊本地震への対応のための補正予算案に対する提言を手交しました。

この震災対応に対して、一刻も早い「住むところ」の確保、災害復旧・救済経費の確保、さらは生活インフラ・ライフラインの立て直し、また学校施設などの補修等々さまざまな対応が求められます。

また、ハード面ならず、不自由な生活に直面されている被災者の皆さんに具体的に寄り添うソフト面の対応も重要です。

また、今回の地震で影響を受ける、観光業などを含めた産業、経済面への手当ても急務です。

これらを含め、短期間ではありますが、被災者の方々、その他多くの影響を受けた方々に急ぎ対応できる予算案を作っていきたいと思います。


 ☆ クリックして、応援して下さい!↓↓↓→→→ にほんブログ村 政治ブログ 政治家(国会議員)へ

消費税率再引き上げと熊本地震

今日、衆議院内閣委員会で質疑に立ちました。菅官房長官に対して問いたかったのは、来年4月に予定されている消費税率再引き上げと、熊本地震の関係。

これまで安倍政権は、「リーマンショックや大震災のようなことが起こらない限り、消費税率再引き上げは延期しない」としてきました。そこで、この「大震災」という基準に熊本地震が該当するのか、明らかにさせたかったのです。

しかし、菅官房長官の答えはあいまいなものであり、少なくとも「大震災という基準には当たらない」という明言はありませんでした。

ということは、熊本地震を理由に、消費税率再引き上げの延期の可能性はある、と理解されます。

衆議院解散総選挙に向けた安倍総理の思惑のために明確さを欠く消費税率再引き上げと社会保障・税一体改革。私はこの不明確さは健全ではないと思います。

 ☆ クリックして、応援して下さい!↓↓↓→→→ にほんブログ村 政治ブログ 政治家(国会議員)へ

地震被災対応の補正予算案

熊本地震への対応をめぐって党首会談が行われました。

安倍総理から岡田代表に対して、震災対応の補正予算案を提出するのでそれに協力してほしい旨の話がありました。無論、私たちも協力すべきは協力していくつもりです。

問題はその中身。

昨日のブログにも書いたように、昨日の私の視察での結果を踏まえると、被災者への仮設住宅や臨時的な住居の提供など、「安心して住む」ことへの支援が不可欠だと思います。

時々刻々変化する状況に対して、その他にも必要な施策は十分練らなければならないと思います。私たちの党からもこの点については、建設的な提案を行っていきたいと思います。




 ☆ クリックして、応援して下さい!↓↓↓→→→ にほんブログ村 政治ブログ 政治家(国会議員)へ
記事検索
月別
ギャラリー
  • 熊本地震対応にかかる補正予算案申し入れ
  • 座談会
  • 子どもたちの声とともに
  • 中野玄三さんから大きな勇気をいただきました
大串博志後援会事務所
〒849-0303 佐賀県
小城市牛津町牛津127−1
民主党佐賀県第2区総支部
Tel:0952-66-5776
Fax:0952-66-5778
mail: mail@oogushi.com

お気軽にお立ち寄りください!

大串ひろしを支援してくれるボランティアやサポーター募集中です!詳しくは上記事務所まで!
livedoor プロフィール
Twitter
Facebook
BLOG RANKING
Mixi
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ