衆議院議員 大串ひろしブログ

大串博志(民主党)のオフィシャルブログ

最近の物価の低下傾向を受けて

物価の低下傾向が最近強く出てきています。日銀が先般、ETFの買い入れを増やすという追加金融緩和策を導入したにもかかわらず、です。

安倍総理は、先の参院選の中で、「デフレからの脱出速度を上げるために、アベノミクスのエンジンを最大限にふかす」と訴えました。

これをそのまま受け取れば、物価がさらに低下傾向を見せる今、アベノミクスの第1の柱たる金融政策においては、「最大限にふかす」ための追加的な「何か」が必要だということになります。

さてそれを日銀は行うのか、行う余地はあるのか、行って効果があるのか。私には極めて疑問です。

その意味で、「アベノミクスのエンジンを最大限にふかす」という参院選の選挙公約は、早くも崩れていると言わざるをえません。




 ☆ クリックして、応援して下さい!↓↓↓→→→ にほんブログ村 政治ブログ 政治家(国会議員)へ

国債の返済金利に垣間見える危機的な状況

もうすぐ来年度予算案についての概算要求の時期。

さて、私が注目するのは、国債、つまり国の借金を返済するための予算の見積もり。当然、どれくらいの金利で借金を返済するのか、その見込みが予算額に大きな影響を与えます。

この金利、2パーセントから、1.6パーセントへとだんだん下がってきています。その背景は、日銀がマイナス金利を含む低金利政策をとっているから。

金利が低いと借金の返済にかかる予算が少なくてすむので、一見良さそうに見えます。しかし果たしてそうか。

日銀が低金利になるような政策をとっているということは、それだけ日銀が自ら国の借金をかかえる政策をとっているということです。

すなわち、国の借金の負担が、「政府」から「日銀」に移っているだけ。しかも、それはあるべき姿ではありません。

中央銀行が国の借金を負担するというのは、経済の世界で言うと末期的状況です。日本の財政は、年々、危機的な状況に近づきつつあります。

 ☆ クリックして、応援して下さい!↓↓↓→→→ にほんブログ村 政治ブログ 政治家(国会議員)へ

諫早湾干拓問題ーー和解案は和解案足り得ない

山本新農水大臣が、諫早湾干拓問題で関係者との意見交換のため来佐しました。私も参加してきました。

今、諫早湾干拓問題については、裁判所から和解協議が提案されています。そこで政府は、「開門を前提としない」という前提で、有明海振興のための基金を作ることで、和解を提案してきています。

しかし、今日の協議でも明らかになりましたが、佐賀を含む関係者は、当然のことながら、まずは開門調査を求めており、基金案にはむしろ「違和感がある」という声が太宗でした。

山本大臣は「裁判所から、和解協議案について関係者からの意見聴取求められており、和解協議は重要な局面にある」と言っていましたが、そう言っているのは大臣のみ。皆、和解案として政府が示している基金案には賛同していません。したがって、重要な局面などにはなり得ません。

しかも、今日の意見交換の雰囲気も、まるで裁判所から意見聴取を求められているから来た、といったような、極めて形式的なものでした。

札束で漁業者の頬を叩くような和解案は和解案足り得ません。今日それがはっきりしました。


 ☆ クリックして、応援して下さい!↓↓↓→→→ にほんブログ村 政治ブログ 政治家(国会議員)へ

本格的な代表選に

 前原誠司さんが、代表選への出馬の意図を表明しました。代表選は本格的な選挙になることがはっきりしました。

今回の代表選、私はこれまでの私の立ち位置を踏まえ、蓮舫さんを支える立場で参画することになります。

党にとって、代表選は極めて大事なものです。党の今後の方向性、政策のあり方について、国民の皆さんにとってわかりやすく意見を交わし、アピールする機会でもあります。

議論が充実するよう、そしてその結果いい代表選になるよう、頑張ります。

 ☆ クリックして、応援して下さい!↓↓↓→→→ にほんブログ村 政治ブログ 政治家(国会議員)へ

意見を戦わせる代表選に

民進党代表選、その構図はどうなるか。果たして選挙戦になるのか。

今日の報道を見ると選挙戦になりそう。それはいいことです。代表選を通じて、それぞれの候補が自らの考え方をしっかり訴えることで、国民の関心も高まり、我が党の方向性もよく知ってもらえると思います。

そのためには、その代表選の中で各候補が、自分の考え方はこうだ、相手とはこう違う、だから自分は立候補したんだ、と迫真に迫る訴えができることが大前提。

そのような代表選になるよう、私も自分のできることで頑張りたいと思います。

 ☆ クリックして、応援して下さい!↓↓↓→→→ にほんブログ村 政治ブログ 政治家(国会議員)へ

日中韓外相会談でのやりとりに注視

日中韓の外相会談は、明日開かれることになりました。

問題はその成果です。

特に私が注視しているのは、最近の尖閣付近での中国の振る舞いに対して、日本政府としてどのような意見を述べるのか、それに対して中国がどう反応するのか、またその中国の反応に対して日本としてどう対応するのか。そのやりとりの全体像です。

見極めたいと思います。

 ☆ クリックして、応援して下さい!↓↓↓→→→ にほんブログ村 政治ブログ 政治家(国会議員)へ

日本チームの組織力!

リオ・オリンピックが閉幕。日本の総メダル数41。過去最高。どの種目でも素晴らしい戦いぶりを見せてもらいました。

 

ひとりひとりのアスリートの、努力に裏付けされた実力はもちろんですが、他国に比べてその「組織力」は際立っていたのではないでしょうか。

 

組織力、チームスピリッツは日本の得意とするところ。まさに面目躍如、だったと思います。

 

来月にはパラリンピックの大会がスタートします。大いに期待したいと思います。

 


 ☆ クリックして、応援して下さい!↓↓↓→→→ にほんブログ村 政治ブログ 政治家(国会議員)へ

尖閣沖の緊張感

今日も中国の公船4隻が、尖閣沖の日本領海に侵入。

このところの中国の、一方的に緊張高める動きは目に余ります。外務省は事務レベルでの中国への抗議を行ってはいますが、果たしてそれで十分な状況か。

中国の「既成事実」を積み上げる意図と思われる行為に対して、我が国としての対応は適切か。極めて緊張感の高い判断が求められます。

非常に憂慮される状況です。

 ☆ クリックして、応援して下さい!↓↓↓→→→ にほんブログ村 政治ブログ 政治家(国会議員)へ

諫早湾干拓問題・・山本新農水大臣はどう行動するのか

今度の金曜日に、山本新農水大臣が、佐賀、長崎を訪問し、諫早湾干拓問題について両県の関係者と意見交換を行います。もちろん私も参加するつもりです。

大臣就任後、国会が始まる前に現地を訪れておこうという考え自体は評価します。しかし問題は、その結果を行動につなげていくことができるか。

ここ何代かの自民党の農水大臣は就任後しばらくしてから同様に現地を訪問しました。しかし、そこで現地の声を聞くような素振りだけ見せて、その後は結局裁判所任せ。政治が判断しない姿勢を示してきました。

このところは、裁判所に押される形で、政府の方から和解案なるものを提示してきましたが、それは開門を前提としないものであって、私たちとして受け入れられるものではありませんでした。それどころか、この和解案を受け入れられない場合、裁判結果によっては既存の有明海再生予算もなくなるぞ、ということを脅し文句のようにちらつかせてきていて、その一事をもってしても、こちらとしては到底受け入れ不可能です。

そのような中で、山本新大臣は、今回何を語るのか。現地に来て意見を聞く素振りだけ、なのか。

注視していきたいと思います。

 ☆ クリックして、応援して下さい!↓↓↓→→→ にほんブログ村 政治ブログ 政治家(国会議員)へ

代表選の「構図」

お盆にかかる一週間が終わります。この週は多くの国会議員が地元での活動が多かったのではないかと思いますが、一方で、我が党代表選に向けて、それなりの動きもありました。

ただ、それらの動きが本格化するのは来週以降でしょうか。

代表選の構図が確定するにはまだしばらく時間がかかるかもしれません。むしろ、今回の場合、どのような構図になるかというところが、ある意味すべてを決めるのではないかとすら思います。

そういう意味で来週以降の期間は大事。党にとって、そしてもちろん日本の政治にとっていい代表選になるように十分考えていきたいと思います。

 ☆ クリックして、応援して下さい!↓↓↓→→→ にほんブログ村 政治ブログ 政治家(国会議員)へ
記事検索
月別
ギャラリー
  • 諫早湾干拓問題ーー和解案は和解案足り得ない
  • 参院選スタート!
  • 手探りの18歳投票権
  • 手探りの18歳投票権
大串博志後援会事務所
〒849-0303 佐賀県
小城市牛津町牛津127−1
民主党佐賀県第2区総支部
Tel:0952-66-5776
Fax:0952-66-5778
mail: mail@oogushi.com

お気軽にお立ち寄りください!

大串ひろしを支援してくれるボランティアやサポーター募集中です!詳しくは上記事務所まで!
livedoor プロフィール
Twitter
Facebook
BLOG RANKING
Mixi
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ